ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2021.3.15

電通デジタルと電通アイソバーが合併し新生「電通デジタル」へ

電通デジタル

電通グループの国内事業を統括・管理する電通ジャパンネットワークは、顧客企業と社会の持続的成長にコミットする「Integrated Growth Partner(インテグレーテッド・グロース・パートナー)」への進化を目的とした国内事業の構造改革施策の一つである「ビジネスフォーメーションの変革」の一貫として電通デジタルと電通アイソバーの合併を発表しました。

DX推進からブランディングを可能にするカスタマーエクスペリエンスの全体設計・運用に至るまで、より高い創造力と統合力を持った課題解決を実現していくため、電通デジタルと電通アイソバーを合併します。(存続会社を電通デジタルとする吸収合併方式)

これにより、電通デジタルの幅広いソリューションの専門性およびその統合力と、電通アイソバーのクリエイティビティとテクノロジーの融合によるCXデザイン力、グローバルでのケイパビリティ、コマース構築力をひとつにする、新生「電通デジタル」が始動します。

新生「電通デジタル」は従業員数が2,000人規模となり、顧客企業のDXニーズの高度化や大規模化への対応力が向上します。また、両社の経営手法や企業文化を融合することで、チームとしての強度、信頼性を高め、DJNの事業変革を牽引していきます。

■本合併の日程
合併契約締結日(予定):2021年4月中旬頃 ※両社取締役会での承認決議後、締結予定
合併効力発生日(予定):2021年7月1日

■本合併の方式
電通デジタルを存続会社、電通アイソバーを消滅会社とする吸収合併方式で行います。

■本合併当事会社の概要
社名:株式会社電通デジタル(存続会社)
本社所在地:東京都港区東新橋1-8-1
代表者:代表取締役社長執行役員 川上 宗一
設立年月日:2016年7月1日
資本金:4.4憶円
従業員数:1,478名(2020年12月末)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加