ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2021.4.15

GumGum、ゴールドマン・ サックスから7,500 万ドル(約 82 億円)の資金調達

gumgum

Web ページを AI が自動解析して文脈に合った広告を配信する、コンテキスト広告をグローバルで展開する GumGumは、自社で開発したコンテキスト解析技術を使った広告プロダクトの大幅な提供拡大に向け、ゴールドマン・サックス・グロース(GS Growth)から 7,500 万ドルの資金調達を行うことを発表いたしました。

クッキーや個人情報を使ったオーディエンスターゲティング技術が廃止されつつある中、GumGum のコンテキスト広告技術に対する需要は急速に高まっています。GumGum では現在、1,000 億件以上の広告オークションに参加しており、1 日あたり 5,000 万件以上のページや動画のコンテキスト解析を行っています。

GumGum は、今回のゴールドマン・サックス・グロースからの投資を活用し、独自開発のコンテキスト解析 API、コンテキスト技術を活用したディスプレイ広告・ネイティブ広告・動画広告(OTT・Web)を、より幅広く提供していきます。また、主要国際市場への投資についても拡大・促進していく予定です。ゴールドマン・サックス・グロースのアリソン・ベラルド氏は、「GumGum の DNA はコンテキストに根ざしており、同社は 10 年以上にわたってコンテキスト・ソリューションの開発・実践を行ってきました。クッキーは廃止されつつあり、消費者のプライバシー規制も厳しくなっています。GumGum のコンテキスト技術は、広告主が適切な広告ターゲティングを行うための効果的な代替手段を提供するもので、市場の動きから恩恵を受けることのできる立場にあると考えています。」と述べています。尚、今回の投資に伴い、ゴールドマン・サックス・グロースのホルガー・ストゥーデ氏が GumGum の取締役に就任します。

GumGum のグローバル CEO であるフィル・シュレーダーは、「今回のゴールドマン・サックス・グロースによる投資は、GumGum のコンテキスト技術と専門性の価値を更に高めるものです。GumGum は、コンテキスト広告技術を完成させただけでなく、広告クリエイティブにも力を入れることで、総合的なパフォーマンスを高めることに成功しています。正しい方法で行えば、コンテキスト広告は非常に効果的です。今こそ、コンテキストを主要戦略として扱う新たな概念を確立すべき時であり、我々がそれを牽引する存在となることに大変な期待感を持っています。」と述べています。

GumGum Japan のマネージング・ディレクターとして日本事業を統括する若栗直和は、「日本においても既にクッキーレス時代は始まっており、倫理的かつ効果的な GumGum のコンテキスト広告アプローチは、業界内外から非常に高い注目を集めています。今回の投資を受け、これまで以上に充実した技術や広告プロダクトを提供することが可能になりますので、より一層幅広い方々にその価値を実感していただけるようになると期待しています。」と述べています。

GumGum について

GumGum は、コンテキスト解析技術を軸にグローバル展開を行う、テクノロジー&メディア企業です。広告やスポーツにおけるデジタルコンテンツの潜在価値を高めるために、10 年以上にわたり、機械学習の専門知識と実績を応用してきました。当社独自のコンテキスト解析エンジンは、コンピュータビジョンと自然言語処理技術を用い、テキスト・画像・動画をスキャンしてデジタルコンテンツの中身を理解します。このコンテキスト解析技術と、独自のハイインパクト広告フォーマットを組み合わせることで、効率


  • このエントリーをはてなブックマークに追加