ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2021.5.10

DAC、機械学習モデルを活用したマーケティングのインハウス化支援サービス を提供開始

DACは、クラウドエース株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:青木 誠、以下 クラウドエース)と共同で運営するD.Table株式会社 (本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:小山裕香、以下 D.Table) (※1)より、自社内での機械学習(Machine Learning、以下 ML)モデルを活用した顧客分析やマーケティング施策の実施、担当人材のスキル向上を支援するサービス「ML Booster」の提供を開始しました。

企業のDX化、自社内(インハウス)でのデータ活用が広がりつつある昨今、保有する顧客データを統合的に管理する基盤としてのCDP(カスタマー・データ・プラットフォーム)構築や、深い顧客分析のためのMLモデルを活用したマーケティングが注目されています。しかしながら、インハウスでは専門知識やスキルを持つ人材が不足しており、「MLモデルの導入方法が分からない」、「MLモデルを活用しているがより高度な顧客分析のためのアドバイスやサポートがほしい」などといった声が多く聞かれるのが実情です。

このような状況を踏まえ、D.Tableでは、Google Cloud™ 導入実績を誇るクラウドエースと、データのマーケティング活用に強みを持つDACと共同で、MLモデルをマーケティングに活用していく上での企業課題整理からモデル構築サポート、施策実行、人材育成までをトータルで支援するサービス「ML Booster」の提供を開始します。

■「ML Booster」概要

DAC

「ML Booster」では次のようなサービスを提供し、企業と並走します。
・企業課題整理、MLモデル活用マーケティング施策検討のためのディスカッションやワークショップ
・複数データ(会員情報、オウンドサイト情報、広告データ等)のID統合コンサルテーションやアーキテクチャ整理
・MLの予測モデル設計や構築サポート(例:LTV予測、売上予測、優良来訪者予測など)
・活用データ選定、マーケティング施策設計および実行サポート
・社内のMLモデル活用人材育成のためのトレーニング、等

なお、D.Tableでは、今回提供する「ML Booster」をはじめとする企業のDX推進インハウス化支援サービスを、「Cloud & Marketing Booster」シリーズと銘打ち、各企業の課題と目的に応じ、人材の育成までを手掛けるサービスとして開発・提供していく予定です。

DAC、クラウドエース、D.Tableの3社は今後も、企業のデータ活用とDXを支援し、効果的なマーケティング活動に貢献してまいります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加