ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2021.8.30

電通、ドリームインキュベータと「カーボンニュートラル・トランスフォーメーション・プログラム」を提供開始

Sustainable BX チーム

電通は、株式会社ドリームインキュベータと共同で、サステナビリティ経営時代において、サステナビリティと事業成長の両立の実現を支援するBX※1専門チーム「Sustainable BX チーム(サステナブルBXチーム)」を発足いたしました。電通の強みである「生活者・顧客接点・顧客体験」起点の統合ソリューション力と、ドリームインキュベータの強みである「社会課題×(政策・戦略・技術)」起点で新事業を生み出すビジネスプロデュース力を生かし、企業の変革と事業成長を支援します。

 本チームの発足に伴い、第1弾として、「カーボンニュートラル・トランスフォーメーション・プログラム」の提供を開始いたします。
 近年、カーボンニュートラル(以下、CN)は重要な経営アジェンダとして関心が高まっており、国内でも多くの企業がCN経営の実現に向けた声明を発表しています。一方、その実現に向けては、「電力調達」や「素材・取引先の見直し」といった既存事業の枠組み内での対応にとどまり、「既存事業のコストアップ・利益の削減」と捉えられることが多く、CN経営が進まないという課題が顕在化しています。
 本プログラムは、既存事業の枠組み内で、社会的責任を果たすためにCO2削減を行う「- → 0」の対応のみならず、CN社会への移行を「市場構造変革(ゲームチェンジ)の契機」と捉え、新事業創出や事業ドメインの見直し・再構築(=トランスフォーメーション)をする「0 → +」の積極的な対応を支援することで、再生可能エネルギー関連で数京円※3ともいわれる投融資マネーへアプローチを行い、新たな企業価値の創造と企業変革、本質的なCN経営実現を支援していきます。
〈カーボンニュートラル・トランスフォーメーション・プログラムの目指す姿とサービス概要〉
目標設計・戦略策定・戦略実行・モニタリングとPDCAまで、CNへ積極的な対応を目指す企業の変革と成長を支援。

Sustainable BX チーム

〈カーボンニュートラル・トランスフォーメーション・プログラムの特徴〉
特徴 ① 両社の強みを生かし「0 → +」の積極的な対応による企業の変革と成長を支援
既存事業の枠組み内で、社会的責任を果たすためにCO2削減を行う「- → 0」の対応のみならず、「0 → +」の積極的な対応を目指し、企業の変革と成長を支援。
特徴 ② R&D・事業部・財務(コーポレート)・広報/IR横断で経営支援
ESG、CN、SDGs、その発信と領域によって担当部署が分断され、個々で取り組みがされている課題を解決するため、CEO・経営と向き合いながら各領域の横断組織を組成し、その伴走パートナーとして実行を支援。
特徴 ③ 企業間をつないだネットワーク、共同事業運営の設計
CN経営を一企業での活動でとどめず、政府・自治体、他企業との連携や、複数の企業群を束ねるコンソーシアム・プラットフォーム・共同事業の設計支援も行います。
 今後、本チームは、CN以外の領域においても、両社の強みを生かしたアプローチとユニークネスをもって、電通グループのSDGsに関する情報収集/アクティベーション支援組織である電通 Team SDGsや、大学/専門機関や専門家、各領域の企業とも連携しながら、ソリューションの幅を強化・拡大していく予定です。

※1 BXは事業変革を意味するビジネス・トランスフォーメーションの略。
※2 AXはアド・トランスフォーメーション、CXはカスタマー・エクスペリエンス・トランスフォーメーション、DXはデジタル・トランスフォーメーションの略。
※3 IRENA(国際再生可能エネルギー機関)「Global Renewable Outlook」参照。

【ドリームインキュベータ 会社概要】
社名  :株式会社ドリームインキュベータ
所在地 :東京都千代田区霞が関3-2-6 東京倶楽部ビルディング4F
創業  :2000年6月1日
代表者 :代表取締役社長COO 三宅 孝之
事業内容:戦略コンサルティングスキルと、インキュベーションで培われる”リアル”かつ”当事者”的な経営力の融合で、顧客企業へのサービス展開だけでなく、社会のあり方を変え、日本経済を元気にする”ビジネスプロデュース”に取り組む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加