ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2021.10.12

ブランディングテクノロジー、「ブランディングバンク」β版をリリース

ブランディングバンクブランディングテクノロジーは、“ブランド・マーケティング資産”を蓄積、運用し、コロナ禍における中小・地方企業様のデジタルシフトによる業績成長を支援する「ブランディングバンク」β版をリリースしました。

   

「ブランディングバンク」は、経営・事業・マーケティング戦略をフレームワーク活用によって、見える化・運用できる仕組みをつくることで、企業の業績成長を支援します。

今後は、ブランディングバンクのデータベースから、業界別・課題別に成功パターンを抽出し、企業の業績成長に再現性を持たせることで、“ブランディングの民主化”を目指してまいります。

  • 「ブランディングバンク」とは、中小・地方企業様の“ブランド・マーケティング資産”を蓄積し運用する新サービス

コロナ禍による外部や市場環境の変化に伴い、中小・地方企業様にとってデジタルシフトの必要性が高まりました。デジタルシフトを適切に設計し、業績成長し続ける企業になるためには、軸となる戦略を再度考え直す必要があります。

「ブランディングバンク」は、お客様の“ブランド・マーケティング資産”データと、既に当社が担当している既存顧客3,000社強の戦略データベースを掛け合わせ、成功に再現性を持たせた支援を行うことを可能とします。フレームワークを活用して経営・事業・マーケティング戦略の全体像を見える化し、ブランド・マーケティングに関わるデータを蓄積、運用することで、中小・地方企業様のデジタルシフトおよびその先の業績成長に寄与するために開発をしています。

 

  • 「ブランディングバンク」サービス特徴

1.“ブランド・マーケティング資産”をデータ化・蓄積運用できる
“ブランド・マーケティング資産”は、企業のなかでもデータ化・蓄積がむずかしく、運用ができていない状況にありました。「ブランディングバンク」では、企業が保有する“ブランド・マーケティング資産”をフレームワークによってデータベース化することを可能とします。

2.3,000社のデータから成功パターンを抽出
これまで当社は、「ブランドを軸に中小・地方企業様のデジタルシフトを担う」をミッションに掲げ3,000社を超える中小・地方企業様のブランディングに携わってまいりました。このたびリリースした「ブランディングバンク」も、中小・地方企業様に寄り添ったサービス設計をしています。

3.最適なブランド・マーケティング戦略を見える化
「ブランディングバンク」では、フレームワークを活用することで、“ブランド・マーケティング資産”のデータを見える化・管理・運用できる仕組みを構築しています。「ブランディングやマーケティングの強化をしようと思っても、何から手をつけて良いかわからない」という課題を解決します。
「ブランディングバンク」β版を導入していただいたお客様には、現状のブランド・マーケティング戦略を見える化し、成長のための打ち手を無料で提供いたします。

  •  “ブランド・マーケティング資産”とは

企業における「ブランド戦略」や「経営・事業戦略」「マーケティング戦略」はもちろん、自社が持つ「商品・サービス」や「市場における優位性」、さらには勤めている「人」や会社の「設備」、掲げている「ミッション」など、企業にかかわるあらゆる要素を、ブランディングテクノロジーでは“ブランド・マーケティング資産”と呼んでおります。
あらゆるステークホルダーの観点からのデータを蓄積し分析することで、デジタルによって広がった顧客接点の可能性や競合となり得る企業などを整理し、デジタルシフトによって目指す戦略が明確となります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加