ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2021.10.14

ADK MSとIBM、新サービス開発法「Innovation FISH」の提供開始

ADKマーケティング・ソリューションズは、DX/CXを支援するコンサルティングユニットalphabox(日本アイ・ビー・エム株式会社(以下、「IBM」)との共同事業)において、既存のビジネスモデルからゲームチェンジを起こすサービスを開発する新たな手法“Innovation FISH”の提供を開始しました。

■サービスの背景

近年、データやテクノロジーの進化を背景に様々な分野でこれまでの常識を覆すサービスが生まれています。既存のビジネスモデルに創造的破壊(ディスラプション)をもたらすものとして、多くの企業において、こうした機会であり脅威に対応した新サービスの開発競争が激化しています。

alphaboxにおいても、これまでに様々な業種・業界のクライアントにおけるサービス開発をご支援してまいりました。その中で、よく課題として経営者の皆様から伺うのは、サービス開発の目的が既存のビジネスモデルを前提に、ITを活用した「改善」に留まりがちということです。「改善」に留まらず、新たな常識をつくる「変革」を目指したサービスを開発するにはどうすればよいか。alphaboxでは、これまでの知見・ノウハウを体系化し、“Innovation FISH”を開発しました。

■サービスの独自性

“Innovation FISH”においては、社会や消費者に精通するADK MSとテクノロジーに精通するIBMの知見・ノウハウを融合させることで、どちらか一方のみでは実現できない独自のサービス開発を可能にしています。

(1)「デザイン思考」と「アート思考」の融合
ユーザーに寄り添い、理解することで問題を解決するIBMの「デザイン思考」と、既存の価値観を問い直し、再定義するADK MSの「アート思考」を融合させることで、従来の発想を超えた新しいサービスアイデアを発見します。

(2)「マーケティング」と「テクノロジー」の融合
ユーザーにとってデジタルと非デジタルの境界は意識されなくなりつつあります。ADK MSのマーケティング視点(顧客の意識・行動を踏まえて顧客体験はどうあるべきか)と、IBMのテクノロジー視点(テクノロジーで顧客体験をどう変えられるか)から、顧客起点のサービスへ具体化します。

(3)「構想」と「実行」の融合
「構想」するだけで終わらず、「構想」を深く理解するIBMのエンジニアとADK MSのマーケターが「実行」においても一貫して関与することで、アジャイルでのプロダクト開発からマーケットイン施策の実行までご支援します。

Innovation-FISH

ADKグループは「顧客を資本と考える顧客体験創造会社」を事業ビジョンに掲げ、DXの急速な進展に伴うマーケティング・ニーズに応えるため、デジタル&データドリブン系を専門領域とする事業ブランド「ADK CONNECT」を立ち上げました。「ADK CONNECT」のコアソリューションの一つ、「DX/CXコンサルティング」では、事業/商品/サービスをDX視点で見直し、時代と顧客ニーズに合わせて進化&深化させるご支援や、顧客との絆をCX視点で、また各顧客接点における顧客体験をUX視点で、進化&深化させるご支援を行っております。当サービスの提供によって、クライアント企業のビジネス成果の最大化に貢献してまいります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加