ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2022.1.27

電通デジタル、Shopify導入企業向けに「Amplitude」を用いたECグロース支援を開始

電通デジタル

電通デジタルは、世界最大級のマルチチャネルコマースプラットフォーム「Shopify(ショッピファイ)」を活用したEC事業において、Amplitude,Inc.がShopifyアプリ版として新たに提供を開始したユーザー行動分析ツール「Amplitude(アンプリチュード)」を活用したグロース支援を開始します。

 新型コロナウイルス感染症による生活者および社会変容を受け、昨今、EC市場は急速に拡大しています。特に小売店におけるネット通販をはじめとしたデジタル変革は加速的に進行しており、それに伴い、Shopifyを導入する国内事業者も増加の一途をたどっています。しかしながら事業者によっては急なデジタル化対応に迫られたためユーザー行動のデータ分析がままならず、課題発見ができていないことからサイト来訪以降のユーザー離脱率に悩んでいるなど問題を抱えています。

 こうした中、データ利活用に専門性と知見を持ち、ShopifyにおけるEC事業の総合的な支援を行う電通デジタルは、ユーザーを軸とした分析に強みのあるShopifyアプリ「Amplitude」を活用することで、Shopify導入事業者が運用するECサイトの行動分析からパーソナライゼーションの実施までをワンストップで支援します。ECサイトにおけるユーザー離脱に対する課題を特定し、LTV(顧客生涯価値)向上および売上拡大を目指します。

 Shopifyアプリ「Amplitude」は、ECサイトに訪れるユーザーの特徴を把握する行動分析アプリです。サイト内の特定行動への先行指標※1を容易に見つける機能を中心に、ユーザーが行うページ遷移などの行動量の可視化や、行動特徴別のユーザー群作成など、ECサイトのグロースに不可欠な複数の機能を有します。

 中でも、事業拡大において最も重要である売上に寄与する先行指標を発見できることにより、事業者はリソースを割く施策を選択することが可能となり、結果、効率的に売上を拡大させることが期待できます。さらに、先行指標で求められた結果をもとに、ユーザーそれぞれの嗜好にマッチする商品を自動でレコメンドすることも可能で、より顧客体験に根ざしたECサイト運営を実現することができます。

 電通デジタルによる具体的な支援内容としては、実際に「Amplitude」を用いた売上拡大までの先行指標を求める分析の実施のほか、その行動分析を行うにあたってのECサイト内データの管理・整理を含めた設計書作成段階から支援を行います。さらには、分析後、ユーザー一人ひとりのサイト内ジャーニーに沿ったCVR(コンバージョン率)最大化への施策立案のサポートまで一貫して担います。こうしたLTV向上への統合的なデータ利活用を支援することで、事業主のさらなる事業拡大を加速させます。

 今後も電通デジタルは、Shopifyサイト構築から運営、グロースにおけるあらゆるシーンに対し最新技術を駆使した最適なソリューションを常に提供し、クライアント企業の事業成長に貢献してまいります。

※1 先行指標(マジックナンバー):製品・サービスの継続率や収益などを飛躍的に成長(グロース)させる、ユーザーによる特定のアクション。これをKPIとすることで、製品・サービスの改善を促し、より大きな成長へと繋げる。

<Amplitudeについて>

Amplitudeは、ウェブサイトやアプリ内の行動によって定義される「行動ペルソナ」と「先行指標」を抽出することができるグロースハック向けユーザー行動分析ツールで、全世界で45,000以上のサービスで導入されています。最大の特長として、「セッション軸」ではなく「ユーザー軸」による詳細なユーザー行動分析を容易かつ効率的に実現でき、企業がもつデータと統合させることで、オン/オフ横断、またクロスデバイスによるユーザー分析を可能とします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加