ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2022.2.3

インティメート・マージャー、サーバーサイドGTM と連携したITP環境下のユーザー同意情報を保持できる機能を開発

im

インティメート・マージャーは、Googleタグマネージャーの新しい機能のサーバーサイドGTMと連携することでITP(Intelligent Tracking Prevention)環境下のユーザーの同意情報を保持することができる機能を開発し、プライバシーテック領域をリードするPriv Tech株式会社が提供する同意管理プラットフォーム(Consent Management Platform、以下CMP)「Trust 360」へ提供したことをお知らせします。

2022年4月に施行される改正個人情報保護法(以下、改正法)により、データに対する個人の権利が強化されるとともに、法令違反に対するペナルティも強化されるなど、企業がパーソナルデータの活用する際にはCMPを活用しユーザーから明示的な同意を取得することが義務付けられます。

また、AppleのブラウザであるSafariがITPのアップデートにより3rd Party Cookieおよび1st Party Cookieの一部がブロックされるほか、GoogleもChromeでの3rd Party Cookieサポートを2023年に終了するなど、ブラウザ規制も発表されており、デジタルマーケティング界隈は今後法令遵守とブラウザの規制の双方に対応していくことが要されています。

このような背景を受けて、当社はGoogleタグマネージャーの新しい機能のサーバーサイドGTM と連携したITP環境下のユーザー同意情報を保持できる機能を開発しました。本機能を活用することで、従来のCMPの課題であったITP環境下の同意情報の長期保有が可能になります。そして今回、当社のグループ会社のPriv Techが展開するCMPサービス「Trust 360」へ提供しました。

当社は、消費者のプライバシーに配慮しつつ、DX時代の企業のプライバシーガバナンスへの対応を目指し、今後も”データとAI技術”を活用したプロダクト開発・マーケティングの支援を推進してまいります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加