ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2022.2.14

表示灯とナビタイムジャパン、コミュニティバス広告で連携

ナビタイム

表示灯株式会社と株式会社ナビタイムジャパンは共同で、オフライン・オンライン併用型の広告メニューを2022年4月より、提供いたします。

この広告メニューでは、表示灯が運営するコミュニティバス車内のデジタルサイネージと、ナビタイムジャパンの『NAVITIME』サイト及び『バスNAVITIME』アプリ内の「路線バス乗換検索」画面内のバナーに広告配信できるようになります。これにより広告主は、デジタルサイネージ、Webサイト、スマートフォンアプリで、ユーザーの目的地に応じた広告展開が可能になります。

コミュニティバスとは、交通空白地域・不便地域の解消等を図る目的で地方自治体等が運行するバスで、路線バスを補完する役目を担っています。

表示灯は、2021年度よりコミュニティバス広告事業を本格開始し、バス車内デジタルサイネージの設置及び広告・行政情報配信/運営を行っています。※1

ナビタイムジャパンは、バスの経路検索にてバスの時刻表や運行情報を提供しており、2021年3月には日本で初めてすべてのコミュニティバスの時刻表および停留所の検索に対応しました。※2

本取り組みにより、コミュニティバスの利用者は、バス乗車時に限らず、時刻表検索時にもスマートフォンにて地域に密着した企業・店舗等の情報を受け取れるようになります。

今後も、コミュニティバスを運営される地域の発展とユーザーの皆様の利便性向上に貢献してまいります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加