ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2014.7.11

GMOアドパートナーズ・GMO NIKKO、広告主のビッグデータを活用した効果的なマーケティング施策を支援する 「GMOプライベートDMP」を2014年10月より提供開始

ロゴ

GMOインターネットグループで総合ネット広告代理店事業を展開するGMOアドパートナーズ株式会社(代表取締役社長:高橋 信太郎 以下、GMOアドパートナーズ)並びにGMO NIKKO株式会社(代表取締役社長:橋口 誠 以下、GMO NIKKO)はオリジナルのDMP※1である「GMOプライベートDMP」を、2014年10月より提供開始いたします。

 
 「GMOプライベートDMP」は、企業が保有する顧客情報やWeb訪問履歴などのデータを分析し、マーケティング施策の検討に活用できるサービスで、GMOアドパートナーズとGMO NIKKOが持つ広告運用ノウハウと、GMOインターネット株式会社(代表取締役会長兼社長・グループ代表:熊谷 正寿 以下、GMOインターネット)が持つ高度なビッグデータ解析技術を合わせて開発されました。「GMOプライベートDMP」の運用はGMO NIKKO、GMOインターネットが共同で、販売はGMOアドパートナーズ、GMO NIKKOが行います。

 また、本日7月10日より、GMOアドパートナーズとGMO NIKKOにおいてサービスのお問い合わせ、導入相談の受付を開始いたします。
※1:DMPとは、データ・マネジメント・プラットフォーム(Data Management Platform)の略称で、様々なデータを取り込み、それを一元管理・分析して様々なチャネルのコミュニケーションに活用するためのツール。

【「GMOプライベートDMP」開発の背景】
 近年、企業によるITを活用したマーケティングは、WEBサイトを中心としたマーケティングから、ユーザーのWEB閲覧履歴や顧客データ、WEB以外のチャネル(顧客接点)から取得した様々なデータを複合的に活用する“デジタルマーケティング”へと移行しつつあります。これに伴い、プライベートDMPに対するニーズが企業の間で高まっています。

 プライベートDMPとは、企業の自社サイトやECサイトの閲覧履歴や、性別・年齢・居住地といった顧客属性データ、POS・購買情報データなど、企業が保有しているデータ資産をひとつに集約するマーケティングデータ基盤です。プライベートDMPを構築することで、集約したデータの一括管理・分析が可能となり、WEB広告やダイレクトメールの配信など様々なチャネルにおいて、ユーザーごとに最適な施策を実施することができます。
 しかし、集約した膨大なデータ資産(ビッグデータ)を管理・分析するには高度な情報処理システムが必要となるため、自社でプライベートDMPを構築できない、また、構築できても、データを分析してマーケティング施策に活用できる人材が少ないなど、自社のデータ資産を活かしきれていない企業は少なくありません。

 GMOアドパートナーズとGMO NIKKOは、こうした課題を解決するべく、ビッグデータの高速処理はもちろん、使いやすさに徹底的にこだわった「GMOプライベートDMP」を、GMOインターネットと共同で開発しました。これにより、データを活用できる人の幅を広げることができ、企業が保有するデータ資産をオンライン/オフラインで素早く有効活用することが可能となります。

【「GMOプライベートDMP」~目指したのは、全てのマーケッターが使いやすいプライベートDMP~】
1.「直感的な操作性と使いやすさ」にこだわったユーザインターフェース(UI)設計
 「GMOプライベートDMP」は、システムに関する専門的な知識を持たない方でも簡単に操作・設定ができるインターフェイスに設計されています。例えば、ユーザーセグメント※2の設定は、性別や年令といったユーザー属性、WEBの閲覧履歴や購入履歴など、様々な条件を組み合わせるため複雑になりがちですが、「GMOプライベートDMP」ではドラッグ&ドロップで直感的に設定することが可能です。

2.マーケティング施策への素早いデータ活用を可能にする、高度なビッグデータ処理技術
 「GMOプライベートDMP」は、分散処理技術にオープンソースのHadoop※3+Impala※4を全面採用することにより、ビッグデータの高速処理を実現いたしました。これにより、「GMOプライベートDMP」に統合したデータからリアルタイムにユーザーセグメントを作成するなど、マーケティング施策への素早いデータ活用が可能になります。

3.作成したユーザーセグメントを、すぐにDSP※5広告配信に反映可能
 新たに作成したユーザーセグメント設定を、その日のうちに「GMOプライベートDMP」と連携しているDSPの広告配信に反映することができます。また、「ある一定期間に●回来訪したユーザーに広告を配信する」「コンバージョンしたユーザーを広告配信対象から外す」など、ユーザーの特定の行動が条件となる設定をした場合も、ユーザーが該当する行動をした瞬間にリアルタイムで広告配信に反映することが可能です。

<「GMOプライベートDMP」の活用イメージ>
活用イメージ図

※2:ユーザーセグメント:性別、年令といったユーザー属性データ、また、いつどのページに訪れたか、いつどの商品を購入したか、
   といったユーザー行動データなどを元に、ユーザーをグルーピングしたもの。
※3:Hadoop:大規模データの分散処理を支えるデータ処理基盤。
※4:Impala:Hadoopのディストリビューション(配布)ベンダーClouderaが開発したHadoop用リアルタイムクエリエンジン。
※5:DSP(Demand Side Platform):広告のインプレッション(露出)が発生するたびに閲覧ユーザーの属性や広告の掲載面などの
   情報を分析し、より効果の高い広告枠のバイイング(仕入れ)から配信までを効率的に行う、広告主向け統合プラットフォーム

【参考URL】
「GMOプライベートDMP」ティザーサイト:http://pr.gmopdmp.jp/


  • このエントリーをはてなブックマークに追加