ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2022.3.31

ヒトクセ、『Smart Canvas』でリッチクリエイティブと動画を掛け合わせた『Rich Video Creative』メニューを提供開始

ヒトクセ
ヒトクセは、2022年3月31日より『Smart Canvas』の新メニューとして、リッチクリエイティブと動画を掛け合わせた『Rich Video Creative』の提供を開始します。
今回のアップデートでは、3つの新フォーマットを同時に提供開始します。
(1)アンケート×動画 (2)スクラッチ×動画 (3)カウントダウン×動画
アンケートやスクラッチと動画を掛け合わせることにより、インタラクティブ動画(※1)をディスプレイ広告枠に配信可能となります。
■背景
株式会社サイバーエージェントが2022年1月に発表した調査結果によると、2020年以降動画広告市場は右肩上がりに拡大しており、2022年には5,497億円、2025年には1兆465億円に達する見込みと報告されております(※2)。
動画広告は静止画以上に情報を伝えることができ、拡散効果も見込める一方、バナー上でのユーザーとのコミュニケーションにおいては、企業からユーザーへという画一的な情報提供になっている課題がありました。
この課題を解決すべく、弊社サービス『Smart Canvas』の新メニューとして、『Rich Video Creative』の提供に至りました。ヒトクセのリッチクリエイティブにおける制作力や知見を活かし、クリエイティブ制作~配信・分析まで一気通貫してサポートいたします。

■『Rich Video Creative』概要
『Rich Video Creative』は、リッチクリエイティブと動画を掛け合わせた新フォーマットです。

(1)アンケート×動画は、ユーザーがバナー上の質問にスワイプして回答すると、動画が開始されます。左右の回答数を取得できるのに加え、回答に応じて再生される動画や最終カットの静止画を出し分けることも可能です。

サンプル:
https://sample.smartcanvas.net/index.pkg.html?user=4074&app=160454&type=DM-1_2&no_send=true

(2)スクラッチ×動画は、ユーザーがバナーのスクラッチエリアを指でこすると動画が開始されます。

サンプル:https://sample.smartcanvas.net/index.pkg.html?user=4074&app=160457&type=DM-1_2&no_send=true

このようにリッチクリエイティブと動画を組み合わせることにより、動画広告だけでは取得できなかった広告評価指標が取得できるようになります。
またインタラクティブ動画はこれまで、サイト埋め込み型の活用が主流でしたが、『Rich Video Creative』を活用することにより、Google Adsや各種DSPへのディスプレイ広告配信が可能となります。

(3)カウントダウン×動画は、上部で動画が再生され、下部では設定した終了日時に合わせて自動でカウントダウンが表示されるバナーです。
映画や番組、イベントなどのエンタメ業界でのご活用を想定しております。

サンプル:
https://sample.smartcanvas.net/index.pkg.html?user=8209&app=160434&type=DM-1_2&no_send=true

■『Smart Canvas』概要
『Smart Canvas』は、誰でも簡単にリッチクリエイティブを制作できるツールです。管理画面上に15種類以上のフォーマットが用意されており、制作工数を削減できます。従来からあるimp数、click数、CTRなどの広告評価指標に加え、バナー上でどれだけユーザーがアクションを起こしたのかアクション数/率(≒エンゲージメント数/率)の取得も可能です。
弊社で個別制作をさせていただく場合は、決められたフォーマットに縛られることなく、広告表現は無限大に広がります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加