ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2022.6.9

Teads、CMOにナタリー・バスティアン氏が就任

Natalie Bastian(ナタリー・バスティアン)は、グローバルで展開する当社のテクノロジープラットフォーム全体における、マーケティング・コミュニケーション戦略の強化を推進してまいります。

なお、バスティアンはTeadsのニューヨークオフィスを拠点とし、当社のグローバルマーケティングチームを率い、2022年4月発表のCTVサービス*1など、新しいオムニチャネルソリューションを含む全てのTeadsソリューションの成長戦略を担ってまいります。

バスティアンは企業のブランド戦略をはじめ、米国のストリーミングTVにおけるプラットフォームビジネスの推進を最前線で行ってまいりました。
また、Teads参画以前は、FOX Corporationの広告ストリーミングサービスであるTubiにて、SVP(上席副社長)兼マーケティング責任者を務め、B2CやB2Bチャネルのマーケティング活動や周辺事業を主導いたしました。他、Rokuのセールスマーケティング責任者などを歴任し、数多くの事業に貢献、組織の規模拡大に尽力してまいりました。

Natalie Bastian(ナタリー・バスティアン)

本発表にあたってのコメント
TeadsのCMO、Natalie Bastian(ナタリー・バスティアン)は以下のように述べています。
「質の高いジャーナリズムをサポートし、ブランドが責任を持って”広告すること”を可能にするというTeadsの使命に私は強く惹かれました。技巧に優れたクリエイティビティソリューションを開発する真の技術力をはじめ、常にイノベーションを追い求める企業として、チーム全体が会社の発展のために一丸となって取り組む姿にとても強く感銘を受けました。世界中のチームと連携し、広告主、代理店、そしてパブリッシャーの皆さまへ、Teadsの使命を広めてまいりたいと思っています。」

バスティアンは、極めて重要な成長期における企業のプランド戦略で、10年もの間チームをリードした実績があります。
そしてCynopsisからはTop Women in Mediaとして、CablefaxからはMost Powerful Womenとして認められています。最近ではAdExhangerから、Change-Maker、Top Women in Media & Ad Techとしてアワードの候補として名を連ねています。

Teadsの共同CEOであるJeremy Arditi(ジェレミー・アルディティ)は次のように述べています。
「私たちはマーケティングの責任者としてナタリー・バスティアンを迎えることをとても嬉しく思います。ナタリーはあふれるエネルギー、これまでの経験、クリエイティビティの素晴らしい才覚を兼ね備えており、Teadsのリーダーシップチームに新しい風をもたらすと期待しています。Teadsのプラットフォームは新しいソリューションの発表、Attentionなどの分野におけるリサーチ、新しい市場参入などを通じて日々進化をし続けています。彼女の今後の活躍を心から楽しみしています。」

■Teadsについて
Teadsは、26か国に1,200人以上のスタッフを有するグローバルカンパニーです。
世界のトップパブリッシャーの良質な記事・コンテンツ内にinReadというプログラマティック・デジタル広告を提供する、最先端のクラウドベースのエンドツーエンドなテクノロジープラットフォームを運営しています。
このTeadsのプラットフォームでは、ブランドセーフで安心安全な広告環境のもと、ビューアブルでインタラクティブな広告クリエイティブを配信することができます。月間のグローバルリーチは19億人*2に達し、日本国内においては、450以上のプレミアム媒体とパートナーシップを組み、月間55億インプレッション規模のネットワークを構築しています。
広告主・代理店向けに、グローバルパートナーシップで直接契約をするプレミアムパブリッシャーのデスクトップ・モバイルインベントリーの記事中の広告枠をシングルアクセスで購入可能な場(セルフサーブプラットフォーム)を提供しています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加