ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2022.6.23

DAC、IIJと協業しCMPツール「OneTrust」の提供を開始

DAC IIJ

博報堂グルーブのデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)は、株式会社インターネットイニシアティブ(以下 IIJ)と協業し、CMPツール「OneTrust」の提供を開始しました。DACは企業のCMPツール導入の支援を強化することで、生活者のプライバシーに関わる不安を払拭し、広告主や媒体社が取り扱う生活者データの透明性向上を支援します。

■Consent Management Platform(CMP)について
CMPは、データ利用に関する情報を、Webサイトおよびアプリ上のバナーをポップアップ形式で提供し、同意を得た生活者のデータのみを広告配信やサイト改善などに活用するためのツールです。CMPが導入されたサイト/アプリにおいて、生活者は自身のデータがどの事業者に何の目的で収集されているかを一覧で把握でき、自身の判断でデータ収集を停止することができます。このように、広告主や媒体社はCMPを通じ、生活者に対するデータの透明性を確保することができます。
昨今、個人情報保護法の改正を契機に、企業のデータ活用に関して、生活者からの同意取得が必須となる、あるいは対応が必須ではない場合でも透明性を向上する、といったケースが増えています。こうした環境変化に対応するため、デジタルマーケティングに取り組む企業を中心に、CMPへのニーズが高まりつつあります。

■「OneTrust」 について
「OneTrust」は、米国のOneTrust社が提供する、データ収集・利用に関する生活者同意の状態を把握・管理するプラットフォームです。主な特長は次のとおりです。

・豊富な機能
(1)クッキーの自動分類機能:
CMP導入予定のWebサイト内において、どのようなデータが送受信されているのかを判別することを目的としたクッキーの自動洗い出しが可能です。また、クッキーを判別・分類するためのデータベースを保有しています。
(2)自動ブロックスクリプト:
データの収集を行うタグを自動で書き換え、生活者からデータ活用に関する同意取得を得る前に、企業
が生活者のデータを収集してしまう事態を防止します。
(3)クッキーバナーのカスタマイズ機能:
ユーザーの同意ステータスを収集するためにポップアップ形式で表示される「クッキーバナー」を自社のブランドイメージに合わせた色や形などにカスタマイズが可能です。

・多数の採用実績
「OneTrust」は日本国内で多くの導入実績があり、グローバルでも幅広く導入されているツールです。日本の法律だけでなく、GDPRを始めとした海外の法規制へ対応しています。

・導入コスト
「OneTrust」では改正法対応からレピュテーションリスク対策まで、クッキーバナーとして低コストで(※1)導入することが可能です。これまでCMPツールの費用面が課題で導入が難しかった企業や、CMPツールを試したい企業にとっても手軽に導入することができます。

DACでは「OneTrust」をはじめCMPツールの導入にあたってのデータレギュレーションコンサルティングサービス(※2)を提供しており、プライバシー対応の整理からCMPツールの実装までトータルで支援しています。DACは今後も、日本市場におけるCMP普及の推進をはじめ、広告主および媒体社が扱う生活者データの透明性向上およびプライバシー保護施策の支援を強化してまいります。

●IIJ 小川晋平 ビジネスリスクコンサルティング本部長からのコメント
このたびのデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社様のCMP販売開始を心より歓迎いたします。デジタル化が推進され、個人データの利活用も進められるようになった昨今、企業のプライバシー保護に関する取組み姿勢を見る生活者の方々の目も厳しくなってきています。いまや法規制への対応だけをすればよいのではなく、企業倫理としての透明性の高い情報開示は企業のブランド構築および社会的信用維持に欠かせない重要な取組みとなっています。インターネットを安全・安心な社会インフラとして提供するのがIIJのミッションですが、その中でも、これまでプライバシー保護規制への対応に積極的に取組み、多くのお客様を支援してまいりました。その知見を活かし、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム様と共に、日本企業のプライバシー保護レベル向上に貢献していきたいと考えております。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加