ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2022.6.30

消費者庁、アフィリエイト広告に広告表記明示など指針を発表 不当表示はすべて広告主責任へ

消費者庁は、アフィリエイト広告で不当表示が起きることを未然に防ぐための指針を公表しました。「インターネット消費者取引に係る広告表示に関する景品表示法上の問題点及び留意事項」の一部改定案に関する意見募集の結果として公示されています。

アフィリエイト広告について明確な指針がこれまで消費者庁が提示することはなかったため、消費者にとって広告なのか個人の投稿なのかを見分けることが困難であるという課題がありました。

そこで、今回の指針はアフィリエイト広告として収入を得ているブログやSNS投稿に関しては「広告」であることを、消費者がしっかりと認知できる形で明示することが示された。文字の大きさや投稿との位置関係なども明示されて、こっそり広告であったというケースも防ごうとしています。

また、もし不正表示があった場合は、規制対象となるのは投稿した人物ではなく、広告主であることを改めて公示されました。アフィリエイターに表示の内容を委ねた場合でも、広告主が表示の主体者となります。

今後アフィリエイト広告を扱う広告主は、依頼先が少しでも不当な表示をした場合は、すべての責任を負うことになります。

消費者庁 アフィリエイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加