ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2022.10.27

J.フロントリテイリング、「株式会社XENOZ」の株式取得によるeスポーツ事業への本格参入

丸松坂屋百貨店を傘下に持つ、J.フロントリテイリング株式会社は、eスポーツチーム「SCARZ(スカーズ)」を保有する株式会社XENOZ(ゼノス)(以下、XENOZ社)の株式50.8%を取得したことを発表しました。XENOZ社を子会社化することにより、今後成長が期待されるeスポーツ事業に本格的に参入するとともに、パルコや百貨店など既存事業とのシナジーを創出するなど、新たな価値創造に取り組みます。

1. 株式取得の理由
 J.フロントリテイリンググループは、「くらしの「あたらしい幸せ」を発明する。」をグループビジョンに掲げ、新たな価値提供にむけた事業領域の拡大について検討しております。当社は、社会の変化が加速するなかで、次の時代の芽を発掘し新たな体験・感動を提供することは大切な使命と考え、昨今、若い世代を中心に盛り上がりをみせているeスポーツを注目カテゴリーのひとつと捉えてまいりました。
 XENOZ社は、eスポーツの主要大会で数々の好成績を収める老舗プロチーム「SCARZ」を擁するだけでなく、自ら大会・イベントの企画・運営を行うなど、eスポーツ創成期から業界をリードしています。
 当社グループは、本株式取得により、XENOZ社と共にeスポーツの成長・発展を目指すとともに、顧客の心の琴線に触れる新たな体験価値の創出に向けて、XENOZ社とパルコや百貨店などグループ各社との協業を進め、企業価値の向上に取り組んでまいります。

esp

2. eスポーツ事業参入の目的
① 顧客の琴線を震わせる、未来のエンタテインメント事業の柱
・eスポーツは今後も高成長が期待されるマーケットであり、その黎明期から参入することで先行者としての認知を固め、エンタテインメント事業の将来の柱として育成します。
・eスポーツはプレイヤーも視聴者も熱気に包まれる競技です。チームを持つことで「熱狂的なファン」との絆も生まれます。白熱の対戦、選手とファンとの交流で生まれる熱量を、リアル・デジタルの両面で発信するなど、新たな価値の提案につなげます。
②当社の未来を支える、顧客基盤の獲得
・ パルコ・百貨店では次世代顧客の獲得は最重要の課題です。eスポーツはZ世代をはじめ10代~30代を中心とした若い世代の関心が高く、eスポーツに参入することで、次世代顧客へのアプローチを行いやすくなり、認知度向上、ブランディングに繋がるものと考えています。
③「リアル×デジタル戦略」を推進するうえで、未来の強力なコンテンツ
・当社グループは、中期経営計画において「リアル×デジタル戦略」に取り組んでいます。eスポーツはデジタルを活用したビジネス(メタバース、NFT等)と親和性が高く、eスポーツチームというコンテンツを獲得することで、様々なビジネス展開が期待されます。当社グループ施設でのイベント開催など集客というリアルでの効果を確実に実現しながら、デジタル面へのビジネス拡張により、eスポーツへの参入が戦略遂行の加速につながると考えています。

3. 株式会社XENOZの概要
(1)名称:株式会社XENOZ
(2)所在地:神奈川県川崎市川崎区駅前本町 15-5 十五番館ビル701
(3)代表者の役職・氏名:代表取締役 友利 洋一
(4)事業内容:eスポーツチーム(SCARZ スカーズ)の運営、イベント運営
(5)資本金:10,500千円
(6)設立年月日:2016年4月25日


  • このエントリーをはてなブックマークに追加