• 2020/09/19

ALBERT、2020年上半期は1億1400万円の赤字 〜不適切会計調査費用で約1億7600万円〜

ALBERTは、2020年1-6月期の決算を発表しました。売上高は、12.55億円で前年同期比13.0%増加、営業利益は7,200万円で5.9%減少、そして純利益は1億1400万円の赤字となりました。純利益が赤字となった理由は、この前期に判明した不適切な会計処理について第三者による調査を実施した費用で約1億7600万円を特別損失として計上したためです。


  • 2020/09/16

日本経済新聞社、2020年中間決算は減収減益 〜コロナ渦で約5割減益〜

日本経済新聞社は、2020年中間決算を発表しました。連結での売上高は1,607億円で前年同期比8.7%減、営業利益は35.69億円で前年同期比46.1%減、純利益は13.73億円で前年同期比42.9%減となりました。


  • 2020/09/11

はてな、2020年7月期通期は増収減益 ~積極投資で営業利益38.8%減~

はてなは、2020年7月期通期決算を発表しました。売上高は0.9%増加とほぼ横ばいながらも、営業利益は38.8%減少となりました。



  • 2020/09/11

フルスピード、2021年1Q決算は減収減益 ~通期予想も減収減益~

フルスピードは、2021年1Qの決算を発表しました。前年同期比で減収減益ながらも4,5月を底に新型コロナの影響からは復調傾向となる内容でした。


  • 2020/09/10

ラクスル、2020年7月通期決算を発表 〜ノバセル事業は166%の増収〜

ラクスルは、2020年7月通期決算を発表しました。今期からテレビCM関連サービスとしてノバセルが事業セグメントして独立をしました。連結決算としては、ハコベル事業の影響もあり、増収減益となりました、ノバセル事業は大幅の増収増益と順調な決算となりました。ノバセル事業は、売上高28.5億円(166%増加)、non-GAAP営業利益は0.1億円となりました。


  • 2020/09/10

アイモバイル、2020年7月期通期決算はネット広告事業は減収増益

アイモバイルは、2020年7月期通期決算を発表しました。アイモバイルはふるさと納税サービス事業領域とアドネットワークなどのネット広告事業領域を持つ。ネット広告事業は、売上高は前年比18%減少、営業利益は12.4%増加の減少増益の決算となった。


  • 2020/09/09

博報堂DYグループ、2020年月次売上高推移

博報堂・大広・讀売広告社の月次売上高 ※単位は億円 博報堂・大広・讀売広告社の月次売上高前年同月比率 ※単位は%


  • 2020/09/08

イルグルム、2020年8月月次売上は前年同月比122.8%増

イルグルムは、2020年8月月次売上を発表しました。全体としては前年同月比122.8%増と先月に引き続き120%を超える増加となりました。



  • 2020/09/03

神戸新聞社、上半期決算は純利益44.5%減少 ~デジタル収入が広告収入を初めて上回る~

神戸新聞やデイリースポーツを発行している神戸新聞社は第112期の上半期の決算を発表しました。新聞の購読減少の流れや新型コロナの影響を受け、売上高が20,761,929千円(前年同期比5.4%減)となり、利益については営業利益が1,442,977千円(同18.3%減)、経常利益が1,416,220千円(同15.4%減)、親会社株主に帰属する中間純利益が469,121千円(同44.5%減)となりました。


  • 2020/09/02

楽天、Lyft株を投資損失として約250億円計上へ 〜三木谷氏はLyft役員も退任〜

楽天のの代表取締役会長兼社長である三木谷浩史は、本日付で、Lyftの取締役を退任致しました。


  • 2020/08/18

ヒトクセ、第9期決算は純利益前年同期比95%減少

ヒトクセは、2020年03月31日締めの第9期決算を発表しました。純利益は、前年同期比95.58%減少となる307万4,000円でした。大幅減少ながらも利益が出たため、利益剰余金は、-2,651万6,000円と前年同期の-2,959万1,000円から赤字幅縮小となりました。