• 2018/10/12

アイレップ、インバウンドマーケティング事業社のタービン・インタラクティブを子会社化

株式会社アイレップ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長CEO:高梨秀一、以下アイレップ)は、株式会社タービン・インタラクティブ(本社:愛知県名古屋市、代表取締役:志水哲也、以下タービン社)を連結子会社化し、当社グループにおけるマーケティングオートメーションツール(以下、MAツール)を活用したインバウンドマーケティング支援事業への取り組み強化を開始いたします。


  • 2018/10/11

アドウェイズチャイナ、中国MCNメディア事業において、興格メディア社と戦略的パートナーシップ提携を開始

株式会社アドウェイズ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:岡村 陽久、以下アドウェイズ)の100%子会社である愛徳威広告有限公司(住所:中国上海市、代表取締役:中山 義一)は、日本の動画コンテンツの中国への配信を促進するため、上海興格文化傳媒有限公司(以下興格メディア社)と戦略的パートナーシップ提携を開始いたしました。 2017年12月時点で中国のネットの動画視聴ユーザー規模は約5.79億人に達し、ネットユーザー全体の75%を占めるなど急激に増加しています。(中国互聯網信息中心CNNIC「第41次中国インターネット発展状況統計レポート」)


  • 2018/09/07

D2C、訪日外国人向けポータルサイト「WOW! JAPAN」で広告販売を開始

株式会社D2C(本社:東京都中央区,代表取締役社長:宝珠山卓志,以下,D2C)は株式会社NTTドコモ(以下,ドコモ)が提供する訪日外国人向けポータルサイト「WOW! JAPAN®(ワオ!ジャパン)※1」において,2018年9月5日(水)より広告メニューの販売を開始いたしました。



  • 2018/06/20

アドウェイズチャイナ、Wovn Technologiesと業務提携開始

株式会社アドウェイズ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:岡村 陽久、以下アドウェイズ)の100%子会社である愛徳威広告有限公司(住所:中国上海市、代表取締役:中山 義一、以下アドウェイズチャイナ)は、越境EC事業者向け成果報酬型広告サービス「CHANet」を通して市場拡大の支援を強化するため、WEBサイト多言語化ツール「WOVN.io(ウォーブンドットアイオー、以下WOVN)」を運営するWovn Technologies株式会社(東京都港区、代表取締役:林 鷹治、以下Wovn Technologies)と業務提携を開始いたしました。


  • 2018/05/14

博報堂、バイドゥ株式会社と戦略的パートナーシップを締結

中国における新プラニングソリューション開発に着手


  • 2018/04/23

トランスコスモス、中国大手ネットサービス企業「テンセント」のソーシャル広告代理権を取得

「WeChat」、「QQ」などテンセントプラットフォームの広告配信サービスをお客様企業に提供可能に


  • 2018/04/18

DAC、テンセントと日本初の戦略的パートナーシップを締結

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長CEO:島田雅也、以下 DAC)とテンセントのインターナショナル・ビジネス・グループ(以下 テンセントIBG)は、日本初の戦略的パートナーシップの締結に合意しました。両社は共同で、日本におけるテンセントプラットフォームへの広告出稿支援を今月中に開始いたします。


  • 2018/04/09

Hotmob、香港向けのインバウンドプロモーション事業を開始

モバイル広告・ビッグデータにおけるアジアのリーディングカンパニーHotmob(ホットモブ)は、香港向けのインバウンドプロモーション事業を開始しました。



  • 2018/04/02

フルスピード上海、テンセントのDSPと連携した訪日医療インバウンド特化型ディスプレイ広告配信を提供開始

インターネットマーケティング支援を行う株式会社フルスピード(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:友松功一)の中国法人で、中国市場向けにSEM事業とSNS事業を展開する上海赋络思广告有限公司(本社:中国上海市、董事長総経理:兼松大仁、以下「フルスピード上海」)は、中国ソーシャルメディアマーケティング事業とWeb広告事業を手がける上海可龙劳斯实业有限公司(本社:中国上海市、董事長総経理:水野高宏)との協業および共同開発により、中国国内のユーザーに対して情報発信をしたい医療業界向けに、訪日医療ディスプレイ広告配信サービス「メディカルターゲティングDSP」を2018年4月より提供開始します。


  • 2018/03/08

博報堂アイ・スタジオ、「WeChat/ Weixin」の「Miniプログラム(小程序)」を活用したインバウンド向け企画・実施・運用サービスを提供開始

 株式会社 博報堂アイ・スタジオ(東京都千代田区、代表取締役社長:平林 誠一、以下、博報堂アイ・スタジオ)は、インバウンドソリューションサービスの一環として、中国の人気モバイルアプリケーション「WeChat/ Weixin(中国・テンセント社提供)」の独自開発プラットフォーム「Miniプログラム(小程序)」の企画・実施・運用を行うサービスの提供を本日3月7日から開始いたしました。本サービスで訪日中国人とクライアント企業とのエンゲージメントを構築し、クライアント企業のインバウンドビジネスに寄与いたします。


  • 2018/01/17

データフィード最適化サービス「DF PLUS」、海外消費者向け越境EC支援サービス「BuySmartJapan」と連携開始

株式会社フィードフォース(所在地:東京都文京区、代表取締役:塚田 耕司、以下「フィードフォース」)は、企業が保有する自社の商材データを多様な配信先に最適な形で変換・配信を行うサービス「DF PLUS」の新たな配信先として、ナビプラス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役執行役員CEO:篠 寛、以下「ナビプラス」)が提供する海外消費者向け越境EC支援サービス「BuySmartJapan」の配信に対応いたしました。