ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2016.4.7

PubMatic、ヘッダー入札タグ運用を効率化させるラッピングソリューションを発表

広告選定における決定権をパブリッシャーへ取り戻す

パブリッシャー向けのマーケティング・オートメーション・プラットフォームを提供するPubMatic Inc. (本社:米国カリフォルニア、共同創設者兼CEO:Rajeev Goel、以下、PubMatic)は本日、業界初となるヘッダータグの運用や測定における現在の非効率性を解消するハイエンドなラッピングソリューションを発表しました。パブリッシャーは追加料を支払うことなく技術及び分析機能等のサポートを含め、この最新機能の使用が可能です。

他提供ソリューションとは異なり、PubMaticのラッピングソリューションは全ヘッダー入札パートナーの入札動向や、ボリューム、収益、レイテンシーといった指標を透明性の高いリアルタイムな分析環境で提供します。当発表に先駆け、PubMaticはこの新ソリューションの提供を北米および欧州の12社以上のパブリッシャーに対して実施しています。

既存のラッピングタグは複雑であり、導入までのハードルは決して低くありませんでした。PubMaticのラッピングソリューションは、導入期間を最大80%まで解消することで、パブリッシャーの課題解決に寄与します。強力かつ直感的なインターフェースを活用することで全ヘッダー入札パートナーを容易に設定、測定する環境を提供する当ソリューションは、導入から管理まで、従来までは頼らざるを得なかった社内外のエンジニア活用の必要性をも最小限に留めることを実現しました。PubMaticのソリューションは、経験のある技術的パートナーへ多くの戦術的作業を任せることで、パブリッシャーを本来ビジネスに集中させるものなのです。

欧州の最大大手メディア企業の一社であるEgmont社のデータとプログラマティック責任者であるLars Näslund氏は、以下のように述べています。

「プログラマティックはデジタル広告の未来であり、ヘッダー入札は当社がその未来を達成するためにおいて不可欠なものになります。我々はPubMatic社と密接に連携することで当社の在庫管理能力のコントロールを取り戻すだけでなく、市場における価値を適性に判断し、効果的に現状の市場評価をリセットしたいと考えています」

PubMaticが提供するラッピングソリューションは広告配信サーバーが共通して抱える非効率性などの課題を解消し、パブリッシャーによる持続的なマネタイゼーションを実現すると同時にビジネスにおいて最も適切な判断を下すために以下のような特長を提供しています。

  • インテグレーションの円滑化: パブリッシャーによるヘッダー入札タグの運用を容易にかつ効率的にするため、課題であった各タグの個別実装のニーズを大幅に解消しました。これにより、広告オペレーションチームは、導入に際してこれまで不可欠であったエンジニアによるマニュアル作業の多くから解放され、本来の広告管理プロセスを取り戻すことができます。
  • 直感的で強力なUI高機能なユーザーインターフェース(UI)の導入により、裏側でのコーディングやワークアラウンドの必要性を他者商材に比べ大幅に削減しました。PubMaticのUIによりパブリッシャーへ優れたバイヤーコントロール性を提供することで、例えばレイテンシーが高い、また低パフォーマンスなヘッダー入札パートナーをブロックすることで、1インプレッション毎の収益最大化を強力に後押しします。加えて、容易にページレベルのレイテンシー設定が可能。これにより、より消費者のニーズに応えることが可能です。
  • ハイエンドの分析機能:今回実装されたリアルタイム分析とレポート機能により、ヘッダー入札パートナーの包括的な分析が可能になります。ボリュームやレイテンシーといった指標だけでなく、ビッドレートやウィンレート、平均CPMといった収益に直結する項目を直感的なダッシュボードを活用しながら解析し、最適化。パフォーマンス上、最も効果的なヘッダータグを詳細な洞察を通じて見分けることができます。

当社Product ManagementのVice PresidentであるEvan Simeoneは次のように述べています。

「現在パブリッシャーは、ヘッダー入札パートナーを管理・理解するためには不完全なツールセットの活用を強いられており、しかもその導入は非常に複雑です。単純なタグだけではない、完成されたラッピングソリューションの活用を通じて、純広告と対等な地位に据えたプログラマティック需要の包括的分析能力を提供します」

PubMaticはパブリッシャーのためのイノベーションを通じて、資産の収益最大化促進に取り組んでいます。在庫管理機能やリアルタイム分析、レポート機能、広告配信サーバーなどを含む包括的なパブリッシャー向け収益化プラットフォームが提供する当社における今回のラッピングソリューションの実現は、広告選定の進化における大きな前進です。当社はこれからも、進化するデジタル世界に向けたパブリッシャー向け次世代型マーケティング・オートメーションを開発していきます。

 

PubMatic(パブマティック)について

PubMaticは、パブリッシャー向けのマーケティング・オートメーション・ソフトウェアを提供する企業です。リアルタイム分析、イールド・マネージメントおよびワークフロー・オートメーションにより、PubMaticは、パブリッシャーが、在庫を最適化し、収益が高められるように支援します。また、プレミアム・パブリッシャーのニーズに応えるため、オーディエンス・ディスカバリーによる柔軟性やMedia ConsoleやAPIを通してメディアキャンペーンを提供することにより、バイヤー側の自信を高めています。PubMaticのマーケティング・オートメーション・ソフトウェアプラットフォームは、コムスコア社によるランキング上位にいる世界中のパブリッリャーに対して全てのスクリーン、チャネル、フォーマットにおける広告主との関係をシングルビューにて提供します。米カリフォルニア州レッドウッドシティに本社を置き、世界中に事業所を展開するPubMaticは、2015年には4年連続で米Deloitte社よりインターネット市場において最も急成長を遂げている会社のひとつに選ばれた企業です。

本文中に記載のあるPubMaticは、PubMatic, Inc. の商標です。その他の商標は、所有者である各社に帰属します。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加