ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2016.6.7

電通のベンチャーファンド「電通ベンチャーズ」、デジタルクリエーターとファンを結ぶプラットフォーム「ビクトリアス社」に出資

電通 ビクトリア社

株式会社電通(本社:東京都港区、社長:石井 直)が運用するコーポレート・ベンチャーキャピタル・ファンド「電通ベンチャーズ1号グローバルファンド」(以下「電通ベンチャーズ」)は、YouTuberやInstagrammerなどのデジタル時代のクリエーターと、そのスーパーファン(熱狂的なファン)を結ぶプラットフォームを開発する米国の「Victorious Inc.」(本社:サンタモニカ市、創業者CEO:Sam Rogoway、以下「ビクトリアス社」)に出資しました。


 電通ベンチャーズは、まだ見ぬ未来をつくり出していく野心的なスタートアップ企業への投資と、投資先との協業を通した当社グループのオープンイノベーションを実現するために、昨年4月に設立したファンドです。資金提供のみならず、当社グループならではの課題解決に向けたソリューションやリソースを提供することで事業や起業家を支援しています。その第7号案件がビクトリアス社になりました。

 ビクトリアス社が提供するプラットフォームにより、YouTuberからブランドクリエーターまで全てのクリエーターは、自らのスーパーファン・コミュニティーとより深く直接的に関わることができるようになるため、より一層ファンのエンゲージメントを高めることが可能になります。また、スーパーファンにとっても自分の好きなクリエーターに関連したコンテンツをつくることで、他のスーパーファンともつながることができるというメリットがあります。2015年にプラットフォームをローンチして以来、ビクトリアス社は100以上のアプリの制作を通じ、世界の著名クリエーターのファン・コミュニティー形成を支援しており、今後世界に展開していく予定です。

 電通ベンチャーズは、今後ますますクリエーターとファン・コミュニティーが直接的につながり、そこで新たなコンテンツやビジネスが創造されていくものと期待しています。当社グループは今回の出資を契機に、ビクトリアス社が開発する革新的なプラットフォームの世界展開と同社による新しいビジネスの開発を支援してまいります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加