ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2016.8.8

ユナイテッドのDSP「Bypass」、「リテンション広告」向けの「セグメントID自動連携機能」にてCyberZ社の「F.O.X」をパートナーとして追加

ユナイテッド株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役会長CEO:早川与規、証券コード:2497)は提供するDSP(※1)『Bypass』(http://bypass.jp/ja/)で、リテンション広告を実施のアプリ広告主向けに提供している「セグメントID自動連携機能」において、株式会社 CyberZ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:山内隆裕)の提供するスマートフォンアプリ向け広告効果測定ツール『F.O.X(Force Operation X)』を新たな連携パートナーとして追加いたしました。今後、さらに連携先を増やしていく予定です。

bypass fox

 この度の『F.O.X』との連携により、『Bypass』リテンション広告でターゲティングしたいオーディエンスの広告識別子を自動でセグメント化することが出来ます。『F.O.X』をご利用されているアプリ広告主様の、リテンション広告における工数の削減、PDCAの高速化、広告効果の最大化を実現します。

bypass

 Bypassでは今後も新たな機能の開発/強化に努めて広告効果の向上に取り組み、アプリ広告主様の多様なマーケティング戦略をサポートします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加