このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2019.12.3

オプト、上智大学山下研究室と産学連携プロジェクトを開始 ~深層学習による広告効果の時系列予測や新たな統計的手法の開発を目指す~

opt

デジタルシフトをリードするInnovation Agency株式会社オプト(本社:東京都千代田区、代表取締役社長CEO:金澤 大輔、以下オプト)は、エンジニア組織「Opt Technologies」のAIのR&D(研究開発)チームである「Data Intelligence Team(※1)」において、上智大学 理工学部 情報理工学科 山下研究室(助教:山下 遥、以下山下研究室(※2))と産学連携を開始いたしました。

オプトの「Data Intelligence Team」では、マーケティングにおけるデータの研究や分析ツールの開発に取り組んでまいりました。
最近では、広告予算配分シミュレーションシステム「Allosim」の開発や、ロイヤルカスタマー育成のためのAIツール「Handy CEM」のPoC(概念実証)などを進めております。

一方、上智大学山下研究室では、『クォリティ・サイエンス』を標榜し、企業の製品やサービスの品質の向上のための新たなデータ解析技術の開発を行っています。
この度開始する山下研究室との共同研究では、以下の2つのテーマで研究を進めていくこととなりました。

<研究テーマ>
 - 深層学習を使った広告効果実績の時系列データの分析と時系列予測
 - CEMモデルに基づくユーザー調査アンケートデータの新たな統計的分析手法の開発

今後もオプトでは、テクノロジーの変化に素早く対応し、企業のマーケティング活動におけるデジタルパートナーとして、広告効果最大化のための研究および提案を行ってまいります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加