このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2019.12.18

ベクトル、DOOH(デジタル屋外広告)事業に参入

総合PR会社の株式会社ベクトル(本社:東京都港区、代表取締役:西江肇司、東証一部:6058、以下当社)は、この度、DOOH(Digital Out Of Home:デジタル屋外広告)事業に参入いたします。

■DOOH事業参入の背景
 2019年の国内デジタルサイネージ市場規模は、前年比117%となる749億円に達する見通しであり、2023年には、2019年比1.7倍の1,248億円にも及ぶと予測されています。*1
 また2020年春の5G本格始動によって通信技術が飛躍的に向上し、よりリアルタイムで高画質な広告・コンテンツ発信が実現していく中で、DOOHにおけるクリエイティブの可能性拡大とともに、さらなる市場の盛り上がりが期待されています。
 当社は本年、タクシーサイネージ事業にメディアオーナーとして参入し、順調な拡大を続けています。この実績とノウハウをもとに、様々なコミュニケーションを実現していくために、この度のDOOH事業参入に至りました。
*1:CCI (CARTA HOLDINGS)/デジタルインファクト デジタルサイネージ広告市場規模推計・予測2018年-2023年より参照

■人気の高い渋谷の2ビジョンでサービス提供開始
 屋外大型ビジョンで最も人気のある渋谷エリアの、『VECTOR VISION SHIBUYA(渋谷MKビジョン)』のメディアを獲得。メディアオーナーとしてサービスを提供していきます。また、VECTOR VISION SHIBUYA(渋谷MKビジョン)の対面に位置する『アンダーアーマービジョン』の総販売代理店としても、サービスを提供します。
DOOH

【VECTOR VISION SHIBUYA(渋谷MKビジョン)概要】
 [設置場所]     東京都渋谷区宇田川町23-4
 [設置ロケーション] マツモトキヨシ渋谷Part2店舗 壁面
 [放映時間]     09:00~24:00(15時間)
 [サイズ]      H3,072×W5,376(16.515㎡)
 [方式]       フルカラーLED
 [音声]       無し

【アンダーアーマービジョン概要】
 [設置場所]     東京都渋谷区道玄坂2-5-8
 [設置ロケーション] アンダーアーマークラブハウス渋谷
 [放映時間]     11:00~21:00(10時間)
 [サイズ]      H3,840×W6,720(約25.8㎡)
 [方式]       フルカラーLED

■渋谷トライアングルVISION放映を商品化
 『VECTOR VISION SHIBUYA(渋谷MKビジョン)』、『アンダーアーマービジョン』と合わせて、同エリアの『HAMATOMOビジョン』と連携することで、複数面同時放映の需要がありながらも出来ていなかった『SHIBUYA109』前において、3面シンクロ放映の商品化『渋谷トライアングルVISION放映』を実現しました。『SHIBUYA109』で開催されるイベントとの連携や、ハロウィン・クリスマス・カウントダウン等渋谷特有の大規模イベント時における活用など、『渋谷トライアングルVISION放映』でこそ可能になるユニークなコミュニケーションにご期待ください。

■DOOH事業の今後の展開
 今後は、全国レベルでの屋外大型ビジョンの購入をはじめ、複合商業施設等のデジタルサイネージも合わせて展開。インストア・交通広告・ビルボードの分野で加速的に配信面を獲得し、コンテンツ配信ネットワークの幅を広げていきます。また、地方における複数面シンクロ放映の商品化や、メディアレップに加えて、PR発想によるクリエイティビティを活かした、インタラクティブで話題性のあるコミュニケーションを総合的にプロデュース。日本No.1のデジタルサイネージカンパニーを目指して、サービスを展開していきます。






  • このエントリーをはてなブックマークに追加