このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2020.7.29

ユニカとジーニー、DOOH向け広告配信サービス「YUNIKA VISION DOOH」を開発

株式会社ジーニー(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:工藤智昭、以下ジーニー)は、株式会社ユニカ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:磯崎元彦、以下ユニカ)と業務提携し、DOOH(Digital Out of Home:デジタル屋外広告)向け広告配信サービス「YUNIKA VISION DOOH」の提供を2020年8月17日より開始いたしました。

背景と目的

 国内DOOHの市場規模は2025年には3,186億円と推測されており、1,659億円だった2018年より約1.92倍伸びると見込まれています。同市場のなかでも広告分野は2.6倍の1,800億円を占めるようになると言われている成長分野です。(※1)
 ジーニーは、創業以来デジタルマーケティングの領域で培ってきたアドテクノロジーやビジネス開発のノウハウを、DOOHの分野でも積極的に展開しています。
 このたび当社は、日本最大級の「YUNIKA VISION」を所有するユニカと業務提携を行い、OOH広告配信の効率化と最適化を実現する「YUNIKA VISION DOOH」をユニカ向けに開発、提供いたしました。広告代理店・広告出稿企業は「YUNIKA VISION DOOH」を通じ、ユニカが所有するOOH広告の配信面をデジタルマーケティングにおける運用型広告同様にプログラマティックなかたちで買い付けることができ、OOH広告配信の業務効率化と効果最適化を実現することができます。
 また「YUNIKA VISION DOOH」のプラットフォームは英語にも対応、海外の広告代理店もYUNIKA VISIONの広告枠を購入することができます。
 ※1 出典元:株式会社富士キメラ総研 プレスリリース 2019年6月13日 https://www.fcr.co.jp/pr/19040.htm

ユニカ ジーニー

YUNIKA VISION DOOHについて

 ユニカは日本最大級のLED100㎡×3面の大型LEDビジョンと全長52mに及ぶ文字放送用ビジョンの複合型屋外デジタルサイネージ「YUNIKA VISION」を所有しています。広告代理店業務のほか、不動産ソリューションの提供、レジャー・アミューズメント施設ビルなどの運営管理などを行っています。
 従来のOOH広告では、広告代理店・広告出稿企業が発注を行う際、街頭ビジョン運営会社に在庫状況や料金について都度オフラインで問い合わせる必要があるなど、非効率な業務プロセスが多く存在していました。 今回ジーニーはOEM(※2)提供ができる屋外媒体社向けの専用DSPを開発し、「YUNIKA VISION DOOH」としてユニカに提供いたしました。屋外ビルボード媒体でのOEM提供は国内で初の事例となります。
 「YUNIKA VISION DOOH」において広告代理店・広告出稿企業は、広告配信先の在庫状況や料金を、オンラインの管理画面から確認、発注することができます。
 また「YUNIKA VISION DOOH」は、複数の広告配信先での予算配分など、Webマーケティングにおける運用型広告同様の機能を備えており、OOH広告配信の業務効率化と効果最適化を実現することができます。
 加えて、特定のケースにのみ広告を配信できるターゲティング機能や、その他デジタルマーケティング施策との連携など、世界のDOOHとの連携を目指し、「YUNIKA VISION DOOH」は今後も商品アップデートを予定しております。
 ※2 OEM :他社メーカーで製造された製品を自社ブランドとして提供する仕組みのこと。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加