このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2019.12.18

Supershipホールディングス、新経営体制を発表 〜稲葉真吾氏が新CEOに〜

supership

 

Supershipホールディングス株式会社は、2019年12月24日開催予定の臨時株主総会ならびに株主総会終了後開催予定の取締役会を経て、経営体制を変更することを内定しましたので、お知らせいたします。

■役員異動

氏名 新役職  現役職
大朝 毅
稲葉 真吾
八重樫 健
濱田 康平
新居 眞吾
早田 眞
石渡 進介
雨宮 修
武笠 貴史
和久 貴志
淵邊 善彦
木村 忠昭
森岡 康一
代表取締役会長
代表取締役社長CEO
取締役副社長CSO
取締役CFO
取締役
取締役
取締役
執行役員
監査役
監査役
監査役
監査役
(退任)
代表取締役副社長
(新任) ※
執行役員CSO
取締役CFO
取締役
取締役
取締役
執行役員
監査役
監査役
監査役
監査役
代表取締役社長CEO

代表取締役社長CEO就任予定の稲葉 真吾は現 Supership株式会社 取締役副社長COO

 

■役員体制変更の目的
Supershipグループは「新たな価値を共創する世界的なテクノロジー企業群になる」をビジョンに掲げ、様々な企業と共に新たな価値を共創することで、インターネットの世界からリアルの領域まで、幅広い分野で事業を拡大しています。新経営体制の下、来る5G、IoT時代に向けて、さらに多様な企業と連携し、新たな価値の共創を加速させ、さらなる成長を図って参ります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加