このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2020.1.31

電通グループ、脱3rdパーティクッキーソリューションを提供する米国「4サイト社」買収

dentsu

株式会社 電通グループ(本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員:山本 敏博、資本金:746億981万円、以下「当社」)は、連結子会社で海外事業を統括する「電通イージス・ネットワーク社」※を通じて、1stパーティデータを活用したマーケティングテクノロジーに強みを持つ米国の「4Cite Marketing, LLC」(本社:ニューヨーク州オールバニー市、CEO:Bob Gaito、以下「4サイト社(フォーサイト社)」)の株式100%を取得しました。

2010年に設立された4サイト社は、個人データ保護の認識の高まりに伴い世界的に3rdパーティクッキー使用からの脱却が進む中、1stパーティクッキーを活用した独自のマーケティングテクノロジーを、特にeコマース領域において提供する企業として成長してきました。高度なデータ分析、オンライン・実店舗を横断したリアルタイムなデータ統合などを通じ、生活者一人ひとりに合わせた優れた顧客体験を、約350社の顧客企業に対して提供しています。

本件買収の目的は、当社のグローバルネットワーク・ブランドの1つで、テクノロジーを活用したデータ分析に強みを持つデータマーケティング会社「Merkle」(本拠地:米国メリーランド州、以下「マークル社」)が提供する、顧客企業ごとの個人IDデータを蓄積できるプラットフォーム「M1(エムワン)」の精度・能力を強化・拡充することにあります。4サイト社が提供する1stパーティクッキーを活用したマーケティングテクノロジーとM1を連携させることで、M1のIDデータの更なる精度向上、アイデンティティーグラフの質と規模の拡大が期待されます。
今後当社は、4サイト社の買収を通じて、多くのFortune1000企業に対して、マークル社のM1活用でより高精度で競争力の高いデータマーケティング・サービスを提供していきます。

なお、本件が当社の2020年12月期の連結業績に与える影響は軽微です。

※電通グループの海外事業を統括する「電通イージス・ネットワーク社」(本社:英国ロンドン市)は、10のグローバルネットワーク・ブランドを中心に世界でビジネスを展開しています。10のブランドとは、Carat、Dentsu (Dentsu Brand Agencies)、dentsu X、iProspect、Isobar、mcgarrybowen、Merkle、MKTG、Posterscope、Vizeumを指します。

4サイト社の概要

正式社名 : 4Cite Marketing, LLC(4サイト社)
本社所在地 : 米国ニューヨーク州オールバニー市(ニューハンプシャー州にも拠点を持つ)
設立 : 2010年7月
株主構成 : 株式取得後、電通イージス・ネットワーク社 100%
収益(Revenue) : 約770万USドル(約8.4億円)(2019年12月期)
代表者 : Bob Gaito (CEO)
従業員数 : 50名
事業内容 : テクノロジーを活用したデータマーケティング・サービス


  • このエントリーをはてなブックマークに追加