ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2020.4.16

小学館、インフルエンサー・エージェントのアナライズログに出資

小学館 アナライズログ

小学館は、YouTuberなどインフルエンサーのエージェント事業を行う株式会社アナライズログ(所在地:東京都港区、代表取締役CEO:三浦謙介、URL:https://analyzelog.jp)とYouTubeをはじめとした国内外のデジタルコンテンツの映像配信事業について業務提携を締結いたしました。

資本業務提携の目的と今後の展望

アナライズログと小学館は、国内外においてデジタルコンテンツの配信事業における協業を実施して参ります。
今後、アナライズログのYouTubeやYouTuber事業を活用し、小学館が保有する優良なコンテンツのプロモーションや新規コンテンツ開発を行って参ります。また、両社が持つネットワークを活かした新規事業の開発など、様々なチャレンジを検討していく予定です。

株式会社アナライズログについて

弊社は、YouTuberなどの『クリエイター・ファースト』のエコシステムの構築、ならびに、アニメや漫画など日本コンテンツ企業のYouTubeをはじめとしたデジタル戦略作成&運用サポートを目的として、2018年5月に設立。現在はインフルエンサーのエージェントから、インターネット広告代理店へと事業拡大を行なっています。

創業者チームはGoogle/YouTube、avex、みずほ銀行、人気YouTuberでの様々なバックグラウンドを持っており、YouTubeに関するノウハウだけでなく、テック&エンタテインメント&ビジネスにも強みを有しています。

従来の事務所型専属モデルではなく、エージェントという新しい形でオンラインクリエイターの新たなエコシステムの構築を目指しており、世界No.1YouTuberと言われる『Ryan’s World』(*)や『SUSHI RAMEN【Riku】』、『せんももあいしーCh Sen, Momo, Ai & Shii』、『なーちゃんねる(Naaachannel)』、『がっちゃんねる★TheGacchannel』などの人気YouTuberを中心にエージェント契約を締結。

2018年12月には、YouTubeでGlobal DirectorをしていたBenjamin Grubbs氏が立ち上げた米国ベンチャーキャピタル『Next10Ventures』からのシード資金を調達。

2019年12月には、大手アニメスタジオの東映アニメーション株式会社との資本業務締結契約を締結し、アニメや漫画などのコンテンツ企業と一緒に、グローバルでの日本の優良なコンテンツの配信事業を積極的に推進して参ります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加