ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2021.9.1

朝日放送、アナライズログとYouTube上でのPMP事業開始

abc アナライズログ

アナライズログは、テレビ放送事業を行なう朝日放送テレビ株式会社との間で、配信事業における資本業務提携契約を締結し、YouTube上でのプライベート・マーケットプレイス(以下「PMP」)の運用を開始いたしました。

【資本業務提携の目的と今後の展望】
アナライズログと朝日放送テレビは、国内外においてコンテンツの配信事業における協業を実施して参ります。今後、両社で立ち上げたYouTube上のPMPの運用、及びその広告事業を通して、YouTube上で今まで以上にアニメ、声優、テレビ番組、タレント、アスリートなど多くの優良コンテンツを配信し、国内外の視聴者に日本の質の高いコンテンツをお届けするのと同時に、広告主様にはよりブランドセーフティな広告枠のご提供を行なって参ります。ブランドセーフティに関する対応として、プレミアムな動画を配信するのみならず、PMP対象チャンネルで配信するオリジナル動画については全て、朝日放送テレビの考査を通過したコンテンツを配信していきます。また、このPMPからチャンネルオーナーへの収益を通じ、日本の優良なコンテンツの制作者の持続的な開発目標(SDGs)をサポートしていくことを目標としております。

【PMP立ち上げの背景】
従来のメディア広告は、マスメディアを中心にプレミアムな純広告の「枠」に対する出稿(ターゲティング )が中心でしたが、現在は、インターネット広告を中心にRTB(Real Time Bidding)型の運用型広告を使った「人」(オーディエンス・ターゲティング )に向けた広告出稿が中心となってきております。

一方で、インターネット広告市場の急速な拡大に伴い、さまざまな課題も顕在化してきています。例えば、広告枠を事前に確認できないことから、広告主のブランドイメージを毀損してしまう「ブランドセーフティ問題」もその大きな課題の一つです。今回のPMPでは、広告主、広告会社、チャンネルオーナーが、広告の掲載場所や価格について事前に取り決めを行うため、広告掲載場所の把握と取引の透明性の確保が容易になることから、その課題の解消につなげ、 「枠×人」に向けた新たなターゲティングを実現いたします。 尚、米国の広告業界でも急速にPMPを活用したソリューションの需要が高まってきております。

【朝日放送テレビ株式会社について】
朝日放送グループホールディングスの連結子会社で、近畿広域圏を放送対象地域とするテレビジョン放送事業を運営している特定地上基幹放送事業者。「M-1グランプリ」、「新婚さんいらっしゃい!」、「ポツンと一軒家」、「探偵!ナイトスクープ」など多くの人気番組を制作する一方、「プリキュアシリーズ」など人気アニメのプロデュースなども手がけております。また、最近では配信事業としても様々なプラットフォーム展開を行っております。

【株式会社アナライズログについて】
弊社は、YouTuberなどの『クリエイター・ファースト』のエコシステムの構築、ならびに、アニメや漫画など日本のコンテンツ企業のYouTubeをはじめとしたデジタル戦略作成&運用サポートを目的として2018年5月に設立。現在はインフルエンサーのエージェントから、インターネット広告代理店へと事業拡大を行なっています。創業者チームはGoogle/YouTube、avex、みずほ銀行、人気YouTuberでの様々なバックグラウンドを持っており、YouTubeに関するノウハウだけでなく、テック&エンタテインメント&ビジネスにも強みを有しています。

従来の事務所型専属モデルではなく、エージェントという新しい形でオンラインクリエイターの新たなエコシステムの構築を目指しており、米国・Forbes誌にて2018年~2020年の3年連続で「世界一稼いだYouTuber」の『Ryan’s World(ライアンズ・ワールド)』や『SUSHI RAMEN【Riku】』、チャンネル登録者数1,000万人の『せんももあいしーCh Sen, Momo, Ai & Shii』、2020年に最も再生された動画(*)を持つ『こたみのチャンネル』、他にも『なーちゃんねる(Naaachannel)』、『がっちゃんねる★TheGacchannel』などの人気YouTuberを中心にエージェント契約を締結。

2018年12月には、YouTubeでGlobal DirectorをしていたBenjamin Grubbs氏が立ち上げた米国ベンチャーキャピタル『Next10Ventures』からのシード資金を調達。2019年12月には大手アニメスタジオの東映アニメーション株式会社との資本業務提携を、2020年4月には大手出版社である株式会社小学館、また同年7月には大手アニメ制作会社のシンエイ動画、2021年6月には大手アニメ制作会社ぴえろ、との資本業務提携を締結。
2020年8月にはYouTubeで公式にアニメを視聴できるチャンネル『アニメログ』、同年12月には様々な声優が参加するYouTubeチャンネル『Say U Play』などの運営も行っております。アニメや漫画などのコンテンツ企業と一緒に、グローバルでの日本の優良なコンテンツの配信事業を積極的に推進して参ります。
(*)株式会社Bit Star【2020年総括 動画再生数】調べ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加