このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2020.5.9

ユナイテッド、2020年3月期通期決算は営業利益前期比54%減

ユナイテッド
ユナイテッドは、5/8に、2020年3月期通期決算を発表しました。売上高は前期比24%減、営業利益前期比54%減と苦戦した結果となりました。

事業別

事業別
事業別でみると、アドテクノロジー事業は売上高でほぼ横ばいですが、利益性の重視から利益は改善されています。

ゲーム事業は売上高がやや下降してますが、利益はほぼ横ばいです。コンテンツ事業は、キラメックス社の成長もあり、売上高は成長をしています。

ただ、今回の苦戦を招いたのがインベストメント事業で、売上高・利益共に昨年の半分に減少をしています。メルカリやサイバー・バズの株を売って売上を立てているものの、好調な2019年ほどではなかったところがあります。

また、ユナイテッドは今回の決算と同時に中期経営計画の取り下げや、代表人事なども相次ぎ発表しており、コンテンツやゲームからDX事業などの領域での成長に向けて動き出しています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加