このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2020.8.18

バイドゥ、日本の商品を中国向けに販売できる中国越境ECサービスを提供開始

baifenbai

バイドゥ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:Charles Zhang、以下、バイドゥ)はこのほど、中国向け越境ECプラットフォーム「百分百(baifenbai/バイフンバイ)」を本年3月にベータ版として開設、本日、8月18日を「百分百の日」とし正式にサービスを開始します。

百分百(baifenbai)は、日本で流通している良質な商品を中国人消費者に販売するプラットフォームです。大手に限らず、中小や地方の企業が参画しやすいよう、初期投資を抑え出店することが可能です。また、中国で月間6億人が利用する百度検索エンジン、ビッグデータを活用することで、より精緻な広告誘導も可能となります。

日本の製品は中国において、「化粧品、マタニティ商品が人気」「口に入れるもの、肌に触れるものは安全で安心できる」、「高品質な商品への信頼が高い」など長い間、高い評価を受けています。日本企業にとって訪日中国人向けのインバウンドビジネスは、中国人消費者のニーズを確認できる良い試験場でした。しかしながら、新型コロナウィルス感染拡大の影響で、インバウンド市場の回復には時間がかかると予測されます。

一方、中国市場へアプローチできる越境ECの市場規模は2022年までに2兆5,144億円(2019年,経済産業省)と予想されており、今後も拡大が予想されています。中国市場は、人口規模の大きさ、購買力の高さなど魅力が大きい一方、中国独自のインターネット環境の発展により、参入するには解決すべき課題が多く、簡単に始めることは難しいのが現状です。

バイドゥは、日本と中国の架け橋的な存在となるべく、日本の素晴らしい商品を中国消費者へ届けるため、企業様に越境ECに参入しやすい中国向け越境ECプラットフォームを立ち上げました。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加