このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2020.8.20

サムライト、インフルエンサーと放送作家が企業のYouTubeチャンネルをバックアップするサービスの提供開始

企業のコンテンツマーケティングやメディアビジネス等を支援するサムライト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役CEO:池戸聡、以下「サムライト」)は、企業の動画マーケティング支援を強化するべく、YouTubeに特化した『アンバサダー×放送作家 YouTubeコラボレーションサービス』の提供を開始しました。

サムライト

サービスページ:https://somewrite.com/business/earned/youtube-collab/

■ サービス提供開始の背景
大企業から中小企業に至るまでマーケティングにYouTubeを活用する企業は増えていますが、一方でYouTube上におけるユーザーの獲得競争は激化しており、単に動画を公開するだけではユーザーの目に留まることは困難になっています。

そのためユーザーやファンの獲得、マーケティング上の成果をあげる以前に、チャンネルを知ってもらうこと・動画を見てもらうこと自体が企業のYouTube活用における課題といえます。

企業のYouTubeチャンネル運用を支援してきたサムライトでは、YouTubeのマーケティング活用を一層強力にサポートするために「知ってもらうこと・見てもらうこと自体」という課題を解決するソリューションが必要であると考えました。

このたび提供開始する『アンバサダー×放送作家 YouTubeコラボレーションサービス』は、ブランドアンバサダーとして継続起用できるインフルエンサーと、企画のプロである放送作家による企画構成のコラボレーションにより、「YouTube上で知ってもらう・見てもらう」という課題を解決し、その先にあるマーケティング上の成果獲得を支援するサービスです。

■ 『アンバサダー×放送作家 YouTubeコラボレーションサービス』の特徴
1. ブランドアンバサダーが自社YouTubeチャンネルの“顔”に
YouTube上で成功している多くのチャンネルにはYouTuberをはじめとする、「チャンネルの顔」となる存在がいます。
本サービスでは、同一インフルエンサーを継続的に起用するブランドアンバサダーのしくみを活用することにより、「チャンネルの顔」となるブランドアンバサダーを起点に新規ユーザーへのアピール、ファン獲得、ファンとの継続的なコミュニケーションによる関係強化を進めることができます。

※ブランドアンバサダー型インフルエンサーマッチングサービス「SAME」の詳細はこちら
https://somewrite.com/business/earned/same/

2. 企画のプロである放送作家がYouTubeユーザーに興味を持ってもらえるコンテンツを企画・構成
YouTube上で「見てもらえる」動画を配信するためには、映像表現だけでなく、コンテンツ内容そのものを、視聴するユーザーの目線に適応させた興味を惹くものとすることが重要です。
本サービスでは、さまざまなテレビ番組等を企画のプロとして支えている放送作家の企画・構成により、自社の情報資産やアンバサダーの特性を活かした、YouTubeユーザーに興味を持ってもらえる「見られるコンテンツ」を継続的に配信することができ、結果として動画を通じたファン獲得やYouTubeチャンネルを通じたブランド・商品の認知拡大などが見込めるようになります。

3. 動画・YouTubeチャンネルが自社にとっての資産に
本サービスの最大の特徴は、継続的に良質な動画コンテンツを配信することと、それによるYouTubeチャンネルの成長を主眼に置いている点です。
そのため中長期的な観点においては、ストックされていく動画コンテンツとフォロワー(登録者)を獲得したYouTubeチャンネルそのものが、新規ファン獲得・ファンとの関係強化・認知拡大・ブランドイメージ向上・購買促進などさまざまな効果を生み出すマーケティング資産となることが期待できます。

■ 『アンバサダー×放送作家 YouTubeコラボレーションサービス』提供内容
本サービスでは、ブランドアンバサダー・放送作家のアサインだけではなく、戦略設計〜チャンネル運用〜企画〜コンテンツ制作~分析改善まで、YouTubeチャンネル運用をフルサポートします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加