このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2020.10.6

DACの「AudienceOne®」、データ連携型DIYアンケートサービス「Qwantz」と連携開始

AudienceOne

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムのDMP「AudienceOne®」(※)と、株式会社ディーアンドエム(本社:東京都新宿区、代表取締役:杉村昌宏、以下 D&M社)のデータ連携型DIYアンケートサービス「Qwantz(クウォンツ)」が連携を開始しました。これにより企業は、サイト訪問者の閲覧行動の背景分析、オンライン広告接触によるブランドリフト効果の検証等のためのアンケートを、「AudienceOne®」によってリスト化されたターゲットユーザーに対して、「Qwantz」を通じて直接行うことが可能となります。

DACが開発・提供している「AudienceOne®」は、1億超のモバイル広告IDなどの国内最大級のデータを保有するデータ・マネジメント・プラットフォーム(DMP)です。一方D&M社は、マーケティングリサーチを得意とする株式会社クロス・マーケティンググループの企業であり、「Qwantz」はD&M社が提供するデータ連携型DIYアンケートサービスです。低コストでのアンケート実施、実施から結果反映までの迅速性、利用者が操作する管理画面の簡便性を特長としています。

今回の連携により、「Qwantz」が保有するデモグラフィックデータやライフスタイルデータに加え、「AudienceOne®」でアンケートのターゲットとなるユーザーをリスト化することで、さらに精密なアンケート対象者の抽出を実現します。これによって、サイト訪問者を対象とした閲覧行動の背景分析や買い物かごページでの離脱理由の検証、オンライン広告接触者を対象としたブランドリフト効果の検証などが可能となります。
また、「AudienceOne®」の管理画面上でアンケート対象者抽出のための設定を簡単に行うことができるため、対象者数に過不足があった場合でも、すぐに条件の緩和や追加といった見直しが可能です。

DACは今後も、データの利活用による企業のマーケティング活動の最適化、顧客との良好な関係構築を支援するとともに、デジタル広告市場の発展に貢献してまいります。

(※) Webサイトの行動データやCRM、広告配信結果、パネルアンケート結果などさまざまなデータを統合し、分析/可視化、また豊富な連携チャネルを活用した“新規顧客の獲得”から“既存顧客へのLTV向上”までを一気通貫で実現する高度なマーケティング環境の提供を可能にします。https://solutions.dac.co.jp/audienceone


  • このエントリーをはてなブックマークに追加