このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2020.10.20

米司法省、Googleを独禁法違反で提訴 〜事業分割の可能性も〜

google
既報の通り、米司法省はGoogleを長年の間独占禁止法違反の疑いで調査をし続けており、先日ついに訴訟を起こすことで、会社を分割させるのではないかという噂が米メディアを騒がせましたが、事実となったようです。

まだ訴訟が決まった段階であり、事業分割が確定したわけではありません。しかし、Googleが敗訴したり和解したりすれば、事業の見直しや事業分割を求められる可能性も十分にあります。またその場合の事業の中には、Chromeや広告事業など収益や独占率が高い事業も候補に上がると考えられます。

しかし、買い手がすぐに見つかるとは考えづらいため、訴訟の動向と共に買い手が見つかりづらい限りは、早々の事業分割は考えづらいかもしれません。

米メディアによると、米政府は、Googleの独占禁止法違反による分割対象としてChromeブラウザ開発事業の売却を求めているという噂があるそうです。また同時に広告事業の一部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加