このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイート

↑PAGE TOP

  • 2020.12.3

YouTuber事務所「FunMake」、累計約1.7億円となるプレシリーズAの資金調達

大人系・地方創生分野でのYouTuberプロダクションを手がけるFunMakeは、ベンチャーキャピタルを引受先として第三者割当増資により資金調達を実施しました。

今回の資金調達は、2019年10月に実施したシードラウンドとは異なるラウンドで、これにより当社の累計資金調達額は1.7億円となります。また、今回の資金調達にあわせて、株式会社みずほ銀行、株式会社日本政策金融公庫からの融資も実施しています。

FunMake

■今回調達した資金の使途について
FunMakeは2019年4月にYouTuberをメインとしたインフルエンサーのマネジメントプロダクションとしてサービスを提供し、現在では40名の専属クリエイターが所属しています。

また新型コロナウィルス感染症の影響で、プロフェッショナル人材のYouTube市場への参入やEコマースが進んでおり、そうした背景からプロフェッショナル人材のDX化や企業YouTubeアカウントのマネジメントのお問い合わせも増加しています。
そうした背景から、さらなるクリエイターサポートの体制強化に加え、インフルエンサーを活用したマーケティング機能の開発、そのための人材採用を強化し、さらなる事業成長を目指します。

■FunMake(ファンメイク)とは
FunMakeではYouTuberをはじめとしたインフルエンサーのマネジメントやインフルエンサーを活用した企業や自治体のマーケティング、各種SNSのマネジメント業務を行っています。
所属しているYouTuberはグルメやキャンプ、旅行、ガジェットなどいわゆる「大人系」の趣味に特化しているのが特徴です。
またFunMakeでは専属YouTuberに向けて、アクセラレーションプログラムを月1回実施しプロのクリエイターとしての活動手法やコンプライアンスなどの教育機会を提供しています。
こうした人材育成や情報発信のノウハウを生かし、企業や自治体と連携を行い地域社会とともに地方創生に向けた取り組みの一層の推進を図ります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加