ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2021.1.20

Spotify、次世代音声コンテンツクリエイターへの「クリエイター・サポート・プログラム」を開始

Spotify サポート

Spotifyは、「発掘(Discovery)」、「共有(Community)」、「育成(Incubation)」を3つの軸に次世代を担う音声コンテンツクリエイターの創作活動を支援し、国内音声市場のさらなる活性化を促す目的で、この度、「クリエイター・サポート・プログラム」をスタートしました。

「クリエイター・サポート・プログラム」は才能ある音声コンテンツクリエイターを発掘し、データやナレッジ、プロモーション機会を提供することで彼らがキャリア基盤を確立できるようにサポートしていくプログラムです。3軸のうち「発掘」では、アワードやイベントへの協賛・協力を通じて、質の高い音声コンテンツを既に制作・配信している個人クリエイターをいち早く「発掘」し、彼らがより多くのリスナーに発見されるように協力してまいります。「共有」では、専用サイトやSNSでの発信、イベントやウェビナーの定期開催などを通じて最新情報やノウハウを共有し、クリエイターの日々の創作活動を支援します。また、クリエイターへコラボレーションの機会を提供します。さらに「育成」では、制作経験の少ない一般の方が音声コンテンツの配信を始めるきっかけやツールを提供し、その才能を発揮できるよう育んでまいります。

「クリエイター・サポート・プログラム」の第一弾として、日本で初めてのポッドキャスト分野の授章式として昨年スタートした「Japan Podcast Awards」の昨年の受賞作品である『歴史を面白く学ぶコテンラジオ』をはじめ、『Hapa英会話 Podcast』、『墓場のラジオ』といった個人のクリエイターが制作・運営する3つの人気ポッドキャストのスピンオフや新シリーズを、1月20日よりSpotify独占配信の新番組としてお届けいたします。また、今年も「Japan Podcast Awards」とのパートナーシップのもと、次の世代を担う才能あるクリエイターたちにいち早く脚光を当てる目的で「Spotify NEXT クリエイター賞」を新たに創設し、彼らがリスナー基盤を確立できるようにサポートしてまいります。

Spotifyは2019年2月に「オーディオファースト」という新たなグローバル戦略を打ち出し、個人最適化されたリスニング体験やおすすめを通じて、音楽のみならずお気に入りのポッドキャストも発見し楽しむことができる総合的なオーディオ・プラットフォームへと進化を遂げてきました。Spotifyは各地域の市場においてクリエイターやユーザーに対するサービス提供に注力することで、世界のポッドキャスト市場の成長を牽引してまいりました。一例として、2020年には世界でもまだあまり脚光を浴びていない分野のポッドキャストを初めて制作するクリエイターを発見し、教育・指導するサポートプログラム「Sound Up」を推進しました。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加