ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加
友だち追加

↑PAGE TOP

  • 2021.2.4

CrimtanとADARA、顧客獲得強化を目指し業務提携

CrimtanとADARA

同意取得済みのIDやデータを強みとするADARAと、ダイナミック・プログラマティック広告を強みとするクリムタンがプログラマティック広告やブランドの顧客獲得の強化を目指して、業務提携したことを発表しました。

同意取得済みのIDやデータを強みとするADARA (アダラ) (本社: 米国パロアルト、URL: www.adara.com )と、ダイナミック・プログラマティック広告を強みとするクリムタン (Crimtan) (本社: 英国ロンドン、URL: www.crimtan.com )がプログラマティック広告やブランドの顧客獲得の強化を目指して、業務提携したことを発表いたします。

パートナーシップを締結したことにより、グローバルデジタルIDの先駆者であるADARAと、オーディエンスやクリエイティブ、豊富な知識を基盤としたクリムタンのライフサイクルマーケティングとの組み合わせが可能となります。

クリムタンの強みは、プログラマティックキャンペーンにおけるライフサイクルマーケティングです。ユーザーからの同意を得て、消費者のあらゆるライフサイクルに関連性の高いプログラマティック広告を展開し、広告主のROI(投資収益率)を大幅に高めることに定評があります。

同社のダイナミッククリエイティブは、ブランドの潜在顧客や既存顧客に向けて、バリエーションに富むクリエイティブやメッセージを届けることが可能です。

ADARAのPrivacy Token (プライバシートークン)は、多種多様なデータパートナーから提供されたIDデータを組み合わせて同社のファーストパーティーデータで拡張したプライバシー遵守を最優先した技術です。グローバルで13億人超の高精度な同意取得済みIDデータや、220億超のデータ要素、高いデータ更新頻度を備えており、高度なデータサイエンスやリアルタイム性の高いデータを活用して広告主の最適な意思決定を支えています。

両社は共に、高品質なデータとプログラマティッククリエイティブを組み合わせ、豊富なバリエーションのメッセージ配信に注力していきます。力強いプログラマティック広告のソリューションを広告主に提供し、顧客獲得を力強く支援して参ります。

クリムタンのCEO、ポール・ゴード(Paul Goad)は次のように語っています。「ライフサイクルの早い段階で、潜在顧客とエンゲージメントを構築する上で、ADARAは我々にとって最適なパートナーです。関連性が高い優れた広告を、同意取得済みのユーザーに提供することが可能になります。」

ADARAのCOOであるフランク・テルエル(Frank Teruel)は「ADARAが配信パートナーとして、クリムタンと業務提携できることを嬉しく思っています。業界最高クラスのデジタルIDデータを活用した豊富なバリエーションのクリエイティブを、両社の顧客に提供できるものと考えています。」と語っています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加