ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2021.2.26

チーターデジタル、パーソナライズDMソリューションのグーフと協業

チーターデジタル、印刷プラットフォーム『Print of Things®』を提供するグーフとの協業に合意したことを発表しました。

顧客のライフサイクル全体のあらゆるタッチポイントに対応できるソリューションであるCheetah Digital Customer Engagement Suiteの主要機能の一つであるマーケティング オートメーション ツール(以下MAツール)のCheetah MessagingとPrint of Things®をデータ連携させることで、消費者ごとにパーソナライズされたダイレクトメール(以下DM)のタイムリーな送付を可能にします。

消費者とブランド企業とのタッチポイントの多様化が進んでいる現代のマーケティング活動において、顧客が新たな価値を感じ取れるブランド体験を創出するためには、複数のコミュニケーションチャネルを有機的かつ有効的に活用するクロスチャネル コミュニケーション設計に加え、顧客データを基にしたコンテンツの提供を可能にするパーソナライゼーション技術が不可欠となっています。

今回の協業により、チーターデジタルのMAツールであるCheetah Messagingを導入された企業は、従来のメールやLINE、SMSなどのデジタルチャネルに加え、新たに紙のDM活用が可能になることで、デジタルとアナログを掛け合わせたコミュニケーションチャネルの拡充を図ることができます。さらにグーフのPrint of Things®が持つ自動印刷機能と連携させることで、Cheetah Messagingに蓄積される顧客の属性情報やWeb上の行動データを活用し、パーソナライズしたコンテンツをタイムリーな様々な形状のDM発送で提供することが可能になります。

goof

1. 顧客の属性データに基づいたセグメントDMの発送
Cheetah Messagingに蓄積される顧客の属性情報を活用し、デモグラフィックやライフスタイル情報を基にしたDMのセグメント発送を行うことができます。

2. ECサイトのカゴ落ち商品をDMで訴求
Cheetah Messagingに蓄積される顧客の行動データを活用し、メール施策として実施効果が高い「カゴ落ちシナリオ」をDMで自動的に実施することができます。

3. デジタル上の行動頻度が低下している顧客へのDMアプローチ
Cheetah Messagingに蓄積されるメッセージの反応データ(開封・クリック)やECサイトのログイン履歴・行動履歴などをPrint of Things®に自動連携させることで、デジタル上での行動頻度が低下している顧客に対し、DMでのオファーや商品提案などを実施することができます。

チーターデジタルのソリューションコンサルティング部門ディレクターの松田 行正は、次のように述べています。「Cheetah Messagingを導入いただいた企業では、以前からメールやLINEなどのデジタルチャネルの他にも、DMを使ったコミュニケーションシナリオ設計のご要望を多く持たれていました。今回の協業によりCheetah MessagingはDMチャネルでの施策実施を支援することが可能になり、またグーフの高いデジタルプリント技術により、コンテンツリッチでパーソナライズしたブランド体験の提供をサポートできると考えています」

グーフのCOO(Chief Operating Officer)の近藤 寛一氏は次のように述べています。「Cheetah Messaging の導入企業様が顧客に提供するのは価値あるコミュニケーション体験と考えています。シナリオに応じ、『紙』チャネルだからこそできる体験提供をご支援出来ればと思います。」

チーターデジタルは今後もCheetah Messagingの機能拡充を行い、ブランド企業とその顧客との関係を深化させるクロスチャネル コミュニケーションの強化を支援してまいります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加