ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2021.3.18

博報堂DYメディアパートナーズとDAC、広告オーディエンスを深堀し分析できるソリューションを提供開始

Audience Dive

博報堂DYメディアパートナーズとDACは、広告メディアビジネスのデジタルトランスフォーメーションを果たす次世代型モデル「AaaS」を提唱し、広告主の広告効果最適化を通して事業成長に貢献するソリューション群「博報堂DY次世代メディアソリューションズ」(図1)を提供しています。

 このたび、そのソリューション群の第四弾として、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムとともに、Google 広告データを活用し広告オーディエンスの多面的な深堀分析をダッシュボード上で提供するソリューション「Audience Dive」(商標登録出願中)を開始いたします。

 広告主のマーケティングコミュニケーション施策において、広告効果を計測しやすいデジタル広告の担う役割は日々大きくなっています。デジタル広告の効果を最大化するための重要な要素の一つに、最適なターゲティングを設定することが挙げられます。最適なターゲティング項目を設定するためには、ターゲットの仮説を立て、広告を配信し、効果の比較・検証を行うといったPDCAを回し続ける必要があり、ターゲティングを固めるために広告を何度も出稿しなければならないという課題があります。

 「Audience Dive」は、広告配信時に設定していないターゲティングセグメントであっても、広告効果を事後分析することができ、一度の広告出稿によってオーディエンスを広く分析することが可能です。また、管理画面では確認できない切り口での分析を、ダッシュボード上で継続的に確認することができるため、広告効果の定期的な改善に繋げることができます。

「Audience Dive」には、以下の3つの特長があります。

① 後から分析
今までは、配信の際に設定したターゲティングの成果しか確認することができませんでしたが、「Audience Dive」では、広告配信後にターゲティングセグメント(性別年齢、地域、興味関心、購買意向)毎の広告効果を広告配信後に事後分析することが可能です。そのため、「Audience Dive」を活用することで、事前にターゲットとして想定していなかった、埋もれたユーザーを炙り出すことができます。

② 継続性
「Audience Dive」では、効果的な分析内容を汎用的にダッシュボードで提供できる仕組みを取っています。このダッシュボードで提供されるレポートはオンラインで管理されており、更新も全てオンライン上で完結しています。データが全てデータウェアハウスに置かれることで、定期的なデータ更新も迅速に対応できます。柔軟なカスタマイズにも対応できるため、常に価値のあるレポートを継続して利用することが可能です。

③ 管理画面以上の分析
「Audience Dive」には広告オーディエンスを深堀するための多面的な6つの分析の切り口(図2)である「Targeting Potential」「View Trend」「Conversions」「Campaigns」「FQ Cut」「Reservation」があり、それぞれ視覚化されたUI(ユーザーインターフェース)で確認することができます。

 今後も博報堂DYメディアパートナーズおよびDACは、「Audience Dive」をはじめとした広告ソリューション基盤の開発を拡充すると共に、生活者DMPやDACの持つ豊富なデータとの連携を視野に入れた新ソリューションの開発に取り組んでまいります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加