ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2021.5.12

朝日放送グループHD、2021年3月期は最終赤字9.3億円

ABCテレビ

朝日放送グループHDの2021年3月期の連結業績は、売上高が前期比5.5%減の783億4400万円、営業利益が同20.5%減の26億9400万円、経常利益が同16.5%減の30億3300万円、最終損益が9億3000万円の赤字(前の期は22億7800万円の黒字)でした。

 放送事業の売上高は、テレビスポット収入が大きく減少したため、減収。ハウジング事業の売上高は、新型コロナウイルスの影響を受けたものの、不動産販売が成立したことにより増収。ゴルフ事業の売上高は、新型コロナウイルスの影響を受けて来場者数が減少し、プレー収入が減少したことにより、減収となった。費用面では売上原価が523億9300万円で、前年同期に比べて25億6600万円(△4.7%)減少でした。販売費及び一般管理費については232億5600万円となり、13億3200万円(△5.4%)減少しました。また、短編動画配信サービス「Quibi(クイビ)」などの投資有価証券評価損等による特別損失34億4500万円を計上しました。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加