ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2014.5.29

InMobi、スマートフォン向けのネイティブ広告プラットフォームを本格的に提供開始

世界最大級のモバイル広告ネットワークを運営するインモビは,スマートフォン向けのネイティブ広告プラットフォーム「InMobi Native Ads(読み方:インモビ・ネイティブ・アド)」の提供を本格的に開始します。これにより,全てのアプリ開発者がInMobi Native Adsプラットフォーム上でアプリに最適なネイティブ広告を導入でき,インモビネットワーク上でネイティブ広告による収益向上につなげることが可能になります。

ネイティブ広告は,コンテンツやレイアウトに合わせてカスタマイズされ,より自然な広告表示による高い広告効果が期待できることから,新たな広告手法としてトレンドになりつつあります。このたびのInMobi Native Adsの提供により,一般のスマートフォンのアプリ開発者がインモビのネイティブ広告を導入することが可能になり,InMobi Native Adsプラットフォームの管理画面上でネイティブ広告の位置や大きさ,スタイルなどを素早く簡単にカスタマイズできるようになります。さらには,広告枠のA/Bテスティングやリアルタイムプレビューも可能になります。バナー広告など従来型の広告手法以上に,広告効果の改善による高い収益向上が期待できます。

なお,インモビではInMobi Native Adsを一部のアプリ開発者に先行して提供しており,これまでに全世界2億人のユーザー数を持つ人気メッセージアプリ「Tango」や,国内大手SNSアプリなど世界で100以上のアプリに導入され,その多くで高い広告効果が得られています。現在では,35カ国2億人のスマートフォンユーザーにネイティブ広告を配信し,そのスケールは急速に拡大しています。

今回の取り組みに関して,インモビ ジャパン代表取締役の小尾 一介は次のように述べています。「この度,インモビがグローバルにローンチしたネイティブ広告を,日本のスマートフォンのアプリ開発者様,Webサイト運営者様にいち早くご提供できることとなりました。このネイティブ広告は従来のバナー広告に替わって,次世代のスマホ広告の形態として世界中で一気に普及が進むことと確信しております。日本においてもインモビ ジャパンがリーダーシップを発揮して,ネイティブ広告を早急に100億インプレッション(広告表示回数)レベルの広告媒体へと成長させるべく一層努力してまいります。」

インモビでは今後も,InMobi Native Adsをはじめとするスマートフォン広告プロダクトを展開また強化し,より多くのアプリ開発者,パブリッシャー,広告主の広告ビジネスに貢献していきます。

ネイティブ広告について
ウェブやアプリ上のコンテンツやデザインに合わせてカスタマイズされた広告で,より自然な表示による高い広告効果が期待されます。広告を掲載するメディアにとっては,ユーザービリティを損なうこと無く,最適な位置に広告を配信することができ,その結果高い広告効果による収益向上につなげることが可能です。一方,広告主にとっては,高い広告効果による顧客獲得の向上につなげることが可能です。ネイティブ広告は,バナー広告など従来型の広告手法とは異なる新たな広告手法として,トレンドになりつつあります。

インモビについて
インモビは,165カ国で7億5,900万人のユーザーにリーチでき,月間1,400億以上の広告インプレッションを持つ世界最大級のモバイル広告ネットワークを運営する企業です。広告主,開発者,パブリッシャーは,インモビが提供するビッグデータ,ユーザー行動,クラウドベースのアーキテクチャ等の先進技術が備わった広告プラットフォームを活用して,グローバルのモバイルユーザーに簡単かつ効果的に広告を配信することができます。なお,インモビは,MIT Technology Reviewの「2013年の革新的企業50社」の1社に挙げられています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加