ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2021.7.6

電通、コマース領域のホワイトペーパー第3弾を発行

電通 コマース

電通および国内電通グループの20社で構成する「Dentsu Commerce Room」※は、ホワイトペーパー第3弾となる「各領域で普及が進むコマースマーケティング 国内企業の普及動向を探る」を発行いたしました。

 デジタル基盤技術の実用化が進む中、幅広い業種の企業において、コマースマーケティングのノウハウが、実践され始めています。Dentsu Commerce Roomは、その現状を把握し、より市場に適したソリューションを提供するため、国内企業約50社に対し実態把握のための調査を実施しました。

 本ホワイトペーパーでは、その調査結果を通じて確認することができた「美容・化粧品」「医薬品」「食品・飲料」「家電・耐久財」「自動車」といった各業種におけるコマースマーケティングの普及動向や、業種特有の課題と今後の見通しなどについて考察を紹介しています。

Dentsu Commerce Roomでは、今後も消費者ニーズを捉え、購買行動をより豊かにしていくソリューションを提供していくとともに、定期的にホワイトペーパーを発行してまいります。

【ホワイトペーパー概要】
コマースマーケティングの普及実態を解明するフレームワーク
消費者発想により構成される4つの視点と12の指標
業種別のコマースマーケティング普及動向
業種特有の課題の読み解きと今後の見通し など

【ホワイトペーパーはこちらから】
 https://www.d-sol.jp/dentsucommercereport/download/210705


  • このエントリーをはてなブックマークに追加