ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2021.8.3

Zホールディングス、2021年1Qの売上収益は第1四半期で過去最高となる3,733億円に

zholdings Zホールディングス

サマリー
・LINE(株)との経営統合等による広告・コマース事業の成長がけん引し、売上収益は第1四半期で過去最高となる3,733億円(前年同期比36.3%増)
・調整後EBITDAは863億円(前年同期比11.2%増)となり、増収増益を達成

第1四半期連結累計期間の売上収益は、2021年3月にLINE(株)を経営統合により連結子会社化したことや広告の需要回復等により、広告関連売上収益が大幅に伸長したこと、またアスクルグループおよび(株)ZOZOを含めコマース事業も堅調に成長したこと等により、第1四半期においては過去最高となる3,733億円(前年同期比36.3%増)となりました。

調整後EBITDAは、増収およびLINE(株)の連結化等により、863億円(前年同期比11.2%増)となりました。

メディア事業
2021年3月にLINE(株)を経営統合により連結子会社化したことに加え、広告の需要回復、プロダクト改善施策等により、メディア事業の広告関連売上収益は前年同期比で大きく増加しました。特に、ヤフー(株)では検索広告を中心に前年同期比で増加し、LINE(株)ではディスプレイ広告を中心に前年同期比で増加しました。

以上の結果、当第1四半期連結累計期間におけるメディア事業の売上収益は1,484億円(前年同期比96.1%増)、調整後EBITDAは624億円(前年同期比76.9%増)となりました。なおメディア事業の売上収益が全売上収益に占める割合は39.8%となりました。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加