ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2021.12.15

primeNumber、総額約13億円をシリーズBで資金調達

primenumber
primeNumberは、Coral CapitalとOne Capitalをリード投資家とし、SBIインベストメント、大和企業投資、SMBCベンチャーキャピタルを引受先とした第三者割当増資により、総額約13億円のシリーズB資金調達を実施しました。本資金を、100名規模への体制強化やマーケティング活動促進に活用します。

  • データ活用における日本企業の課題

データ量が爆発的に増えている現代において、その活用は競合他社に対して優位性を保つための前提条件になっています。経済産業省は、データ活用のために既存システムの課題を解決しなければ、2025年以降、国内全体で最大12兆円/年の経済損失が生じる可能性(2025年の崖)があると警告しています(※1)。さらに、新型コロナウイルスの影響で急速に進んだデジタル化や日本経済の成長率鈍化により、企業はデータを活用して合理的に業績を向上させる必要に迫られています。

企業のデータ活用を推進する上では、様々な準備作業が必要となります。例えば多くの企業で、データは部署・部門・担当領域ごとやクラウド・SaaS・各種アプリケーション・データベース・ストレージサービスといった環境ごとに「(1)点在」しています。

これらのデータを意図に沿って「(2)統合」し、DWH(※2)をはじめとした保管庫に「(3) 蓄積」、BIツール等によって「(4)可視化」して初めて「(5)分析」「(6)活用」を行うことができます。

この準備作業を行うためには、「データエンジニアリング」と呼ばれる様々な知識・技術が必要となります。例えば6プロセスをスムーズに行うためには、「データ分析基盤」というインフラ構築の知識が必要です。「(2)統合」にはSQL(データベースを操作する言語)やETL(※3)サービスを使用しなければなりません。「(4)可視化」にはBIツール等を選定・操作する技術が必要です。

しかし、こうしたスキルを持つデータエンジニアは数が少なく、その傾向は今後も強まる見通しです。経済産業省は、2030年にはAIやビッグデータ等を担う先端IT人材が約55万人不足する恐れがある(※4)とも試算しています。

(※1)経済産業省『DXレポート ~ITシステム「2025年の崖」克服とDXの本格的な展開~』(サマリー) p. 2
https://www.meti.go.jp/shingikai/mono_info_service/digital_transformation/pdf/20180907_01.pdf
(※2)データウェアハウスの略。
(※3)Extract(抽出)、Transform(変換)、Load(格納)の略。データ統合に必要となる3つのステップを指します。
(※4)経済産業省『IT人材需給に関する調査 調査報告書』p. 38
https://www.meti.go.jp/policy/it_policy/jinzai/houkokusyo.pdf

 

  • 引受先からのコメント

■ Coral Capital 創業パートナー CEO James Riney 様
私たちはprimeNumberチームに何年も注目してきましたが、ついに彼らとパートナーを組むことができて、非常に嬉しく思います。「デジタルトランスフォーメーション」という言葉が広く注目されるようになってきていますが、複数のデータベースにまたがるデータを適切に整理・管理するツールがなければ、このバズワードは絵に描いた餅になります。primeNumberが、この分野の市場リーダーとなりつつあるのは明白で、日本で最も重要なテクノロジー企業の1つになると考えています。

■ One Capital 代表取締役CEO 浅田 慎二 様
primeNumberは、日本発のデータ統合のリーディングプレイヤーとして、データ分析ニーズの高いメルカリ、Sansan、ヤプリ、サイバーエージェントなどのテック主要大手企業を顧客としてすでに獲得しており、今後が非常に楽しみな、国内では稀有なDevOps系SaaSスタートアップです。今回のラウンドで得られる資金を使い、アクセル全開で、より大きく成長するための戦略的投資を進めていく同社への投資を共同リード投資家として今後支えていきます。

■ SBIインベストメント 投資部 部長 松本 祐典 様
データの重要性がますます高まっていくにつれ、活用されるデータは顧客接点や業務フロー等様々な場所に点在するようになってきました。点在するデータを統合するというニーズから市場が誕生し、今後の成長が大いに期待できる中、primeNumber様は高い技術力を以てその誕生と成長を牽引して今後もトップランナーであり続ける存在であると感じております。primeNumber様がデータドリブンの時代を切り開いていくことに大きな期待を寄せ、当社も微力ながら支援させて頂きたいと考えています。

■ 大和企業投資 取締役兼国内投資運用第一部長 後藤 聴武 様
2019年7月、シリーズAでの初回投資以降、顧客目線を大切にしたプロダクトの継続的な改善による圧倒的なグロース、そして、素晴らしい企業文化を醸成してきた田邊CEO、およびチームメンバーの手腕を高く評価しております。primeNumberが提供するtroccoをはじめとしたプロダクトは、データ統合・転送・分析基盤の整備といった企業のDX化推進に必要不可欠なものであり、さらに需要が増加する中、ますます多くのユーザーに利用される事を確信しております。今後も、新たに株主となった皆様とも力を合わせ、primeNumberを全力で支援してまいります。

■ SMBCベンチャーキャピタル 投資営業第一部 次長 中野 哲治 様
前回ラウンドに引続き、ご支援させて頂きました。DX推進で必須となるデータ利活用については、サイロ化したデータのハンドリングが不可欠です。troccoは足下、新興企業は勿論、非ITの大手事業会社より多数の問い合わせ・導入を頂いており、大きな市場の広がりを見せております。田邊CEOを中心としたチームと、彼等が創り上げるプロダクトには絶対的な信頼を置いており、引続きprimeNumber社の成長をSMBCグループ一丸となって支えて参ります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加