ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2022.2.2

プレイド、ファースト・パーティ・データを活用した「KARTE Signals」の提供開始

KARTE

「KARTE」を提供する株式会社プレイドは、ファースト・パーティ・データ活用によりサイト内外で一貫した顧客体験を実現するソリューション「KARTE Signals(カルテ シグナルズ)」の提供を開始します。KARTE Signalsは広告ソリューションとの連携を前提にしており、第一弾として Google 広告およびFacebook/Instagram広告への提供を開始します。

KARTE Signalsと広告ソリューションを組み合わせることで、顧客の広告にふれる体験の向上と広告配信の最適化を、KARTEというSaaSプロダクトにおいて実現します。KARTE Signalsは今後、 Google 広告・Facebook/Instagram広告以外の広告ソリューションへの提供も展開していきます。

KARTE Signalsは、KARTEと顧客に関わるあらゆるデータを統合する「KARTE Datahub」を介して、自社サイトを訪問・利用する顧客のファースト・パーティ・データをサイト外での体験向上に活用できるサービスです。自社サイトでの行動データだけでなく、自社CRMの購買データやオフラインのPOSデータなどもすべて統合し、顧客とのコミュニケーションに活用できます。SaaSとして提供されるので、別途の環境整備やデータ基盤構築の必要もなく、自社内だけで運用を完結させることも可能です。

KARTE Signals 開発の背景

顧客の体験は、自社サイト内に閉じるものではありません。他のサイトやメディア、SNS、オンラインだけでなくオフラインも含めて顧客体験は構成されるものです。これまでKARTEは、顧客の行動をリアルタイムに解析して一人ひとりを可視化し、オンサイトでのポップアップ接客やメール、LINEなど、その人に合った自由なコミュニケーションを実現することで企業の顧客体験向上に貢献してきました。KARTE Signalsはその技術と知見を「サイト外」のオンライン広告の体験にも拡張します。KARTEが解析する顧客のファースト・パーティ・データからその人の好みや文脈を示す「シグナル」を捉え、顧客が広告にふれる体験の改善・向上に貢献するとともに、企業やブランドがサイト内外で一貫した顧客体験を提供できるようになります。

広告に掲載された商品に興味をもってクリックし、サイトに訪れたのにその商品が見当たらなかったり、ある商品を購入した直後に同じ商品の広告が何度も表示されたりすると顧客体験の質は下がります。JIAAの調査(※1)からも、生活者が興味のない内容のターゲティング広告に嫌悪感を抱いている一方で、興味関心に合った広告を望むポジティブな意見の存在も指摘されており、広告体験の向上は業界全体における課題ともいえます。

※1 一般社団法人 日本インタラクティブ広告協会(JIAA)「2020年インターネット広告に関するユーザー意識調査 「定性調査」の結果を発表」(2021年3⽉9⽇発表)

https://www.jiaa.org/wp-content/uploads/2021/03/20210309_user_survey_release.pdf

KARTE Signalsで実現できること

KARTE

サード・パーティ・クッキー規制が本格化し、プライバシー保護がますます重要になる中で、ブランドのミッションは顔の見えない顧客を対象にしたコンバージョン最大化よりも、顔の見える顧客との関係構築とLTV向上へとシフトしています。このような環境においてKARTE Signalsと組み合わせてオンライン広告を展開すれば、適切なプロセスによって取得したファースト・パーティ・データを活用してその人に合った広告を適切なタイミングで届けることができます。そのとき広告は有益な情報として機能し、エンゲージメントの向上に貢献します。

KARTE Signalsと広告ソリューションの連携に開発は不要で、手間をかけずに広告予算の最適化を図れます。また、KARTE Signalsでオンライン広告のLTVやNPSなど指標を確認することで、広告の価値を顧客とのエンゲージメントの観点で評価できます。

プレイドは2019年11月に Google からの資金調達を発表しており、技術とビジネスの双方で協業を加速させてきました。カスタマーデータを活用する広告の取り組みは、BigQuery™ による大規模なデータの利活用、機械学習モデルの設計を自動化する AutoML を使った予測モデルの構築等によって、新たに実現されたもので、Google Cloud™ の技術的な要素との連携が欠かせません。KARTEとKARTE Datahubが広告とカスタマーデータの間を取り持つことで今回の取り組みを実現可能にしています。

KARTE Signalsの特徴
1)あらゆるデータの収集と統合をワンストップで実現。ファースト・パーティ・データの活用を最大化
2)広告媒体プラットフォーマーを横断して広告の一括配信を実現
3)KARTE独自の接客のデータ、機械学習を活用した予測モデル、オフラインのデータなどファースト・パーティでしか得られないデータを使った最適な広告運用が可能に
4)ピクセル欠損を補うために、FacebookのコンバージョンAPIを容易に利用可能に

先行活用企業のコメント
イオンリテール株式会社 ネットスーパー本部 マーケティンググループ リーダー 鈴木麻紀 氏
新規のお客さまにとって、広告は私たちが目指す顧客体験の入り口としての側面があります。このような観点から、新規ユーザーの獲得においてもその過程における体験をより良きものとすることが重要と考えています。KARTEの閲覧データを活用することで、 Google 広告において精度の高い広告配信を実現することができました。また広告のクリエイティブと、サイト内のカルーセルバナーに同じメッセージを出すことで、広告とサイトの中で一貫したメッセージの訴求も可能になり、広告体験の向上を実現できています。

株式会社ポケットマルシェ マーケティングチーム 稲村香緒里 氏
ポケットマルシェはユーザーと深く、長期的な関係を築きたいと考えています。新規ユーザーの獲得について、より継続的に購入してくれているユーザーのコンバージョンデータをKARTE Datahubから Google 広告に戻すことによって、私たちのサービスや目指す世界観と親和性の高いユーザーの特徴を捉えてアプローチできました。広告効果についても、CPAは約35%下がり、親和性の高さを示すひとつの指標として置いている「3回購入」のCVRは約1.6倍に改善、ROASは約1.7倍になりました(集計期間:2021年11月13日〜2022年1月13日)。今後はKARTEのサイト内の接客とも連動させてより一貫性のある体験を作っていきたいと考えています。

株式会社再春館製薬所 海外本部 広告統括マネージャー 小堀神気音 氏
海外市場では、日本以上にFacebook広告のターゲティングが重要な位置づけです。サード・パーティCookie規制の影響もあり広告パフォーマンスは低迷、CAPI対応が急務でしたが、自社で対応するにはリソースの負荷が大きい状態でした。KARTE Signalsによって、サーバーのデータを直接Facebookサーバーへと連携させることができるので大変助かりました。今後もウェブサイト訪問者のデータをKARTE Signalsを活用する事で常時連携し、パフォーマンス向上に邁進していきたいと思います。

先行導入企業

グーグル・クラウド・ジャパン合同会社 代表 平手智行 氏のコメント
プレイドが、BigQuery や AutoML といった Google Cloud の最先端テクノロジーを活用し、ファースト・パーティ・データの利活用に向けた新たなソリューションを新しく提供されるということは、 多くのお客様の顧客体験の高度化に非常に大きな意義があり、大変喜ばしいことと思います。本ソリューションにより、お客様のデジタル トランスフォーメーションが加速することを期待しております。

KARTE Signals事業責任者 鷹嘴 たかのはし昌弘のコメント
デジタル広告が始まってから多くの技術やソリューションが生まれてきましたが、それらはHowが中心で、生活者の体験を良くしていくという視点は優先されていなかったように感じます。生活者のデータが企業に適切に蓄積され、今まで以上に生活者のベネフィットのために活用されれば、人々がもっとデジタルの世界を好意的に受け止めてくれると思います。KARTEは今までそれをサイトの中で実現してきましたが、今回の取り組みによって、広告ネットワークに対しても良い体験を提供できればと考えています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加