ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2022.3.4

UNICORN、AdjustとコネクテッドTV向け広告の効果計測の連携を開始

adu
アドウェイズの子会社であるUNICORNは、adjustとコネクテッドTV向け広告の効果計測の連携を開始しました。

コネクテッドTVは、OTTデバイス、ストリーミングボックスまたはスティック、ゲームコンソール等を介してインターネット回線に接続されたテレビ端末です。日本国内での個人利用率は、近年急速に拡大しています。
また、国内コネクテッドTV広告の需要は、中期的に急速に拡大することが予想され、2024年の市場規模は558億円に達すると予測されます。(※)

従来のTVCM広告では、CMを視聴したユーザーによる直接の効果や獲得したユーザーのその後の利用状況などの可視化、分析することは困難でした。

この度のAdjustとのシステム連携により、Adjustをご利用いただいているクライアント様は、UNICORN経由で配信されたコネテクテッドTV向け広告の効果や、その広告視聴し、アプリDLをしたユーザーの行動の計測が可能になります。

UNICORNでは2020年12月より、Googleの広告ネットワークを通じコネクテッドTV向け広告枠を買い付け、動画フォーマットでのデジタル広告の配信を開始しています。従来のTVCM広告と同じく、多くの視聴者へリーチできる事はもちろん、視聴者に合わせた配信が可能となります。
今後も広告枠の拡充を予定しており、クライアント様の広告効果最大化を支援して参ります。

現在、配信可能なコンテンツは、朝日放送テレビ、テレビ東京、日本テレビなどに対応しており、また、UNICORNを通してのコネクテッドTV向け広告は、月間で最大約4.5億impへ配信が可能となっております。(2022年1月時点)

UNICORNは、配信実績やエンゲージメント実績を元にした独自のアドフラウドプロテクションや配信先の取捨選択など、正しい指標で本質的な意思決定をサポートします。
デジタルアドの可能性を拡げ、全く新しい形でのユーザーコミュニケーションをリッチクリエイティブで実現でき、フラウドを除く本質的な指標と機械学習によるハイブリットな広告配信エンジンにより、ブランドイメージを毀損することなく、本当に興味を示したユーザー群へ効率的且つ効果的な広告配信が可能となります。
広告主や広告代理店が従来行ってきた“人による細かな運用や数値分析”に費やす時間を削減し、“人にしか行えない業務”に専念できる環境を整えると共に、さらにマーケティング本来の目的である製品やサービスの売上拡大をミッションとして、今後もサービス開発を行ってまいります。

アドウェイズグループでは、市場のニーズに柔軟に対応し、更なるサービスの拡充に努め、世界各国で効率的かつ実用的な広告マーケティングサービスの開発を実現してまいります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加