ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2021.7.27

Adjust 、「モバイル広告主のためのコネクテッドTVガイド」をリリース 

Adjustは、コネクテッドTVを活用したアプリ広告と成長戦略に関する「モバイル広告主のためのコネクテッドTVガイド」をデジタルビジネスとスタートアップのためのグロースマーケティングパートナーであるDCMNと共同リリースしました。この最新ガイドでは、モバイル広告主が、世界的に普及しつつあるコネクテッドTV(以下、CTV)をマーケティングで効果的に活用するための方法、実用的なアドバイス、キャンペーン導入例をお届けします。

テレビ市場は過去10年間で大きく変化しましたが、ストリーミングサービスが成長すると、その専用デバイスを利用する世帯数(840万世帯)が世界でテレビを保有する世帯数(780万世帯)を上回るまでになりました。米国でのCTVの広告費用は2024年末に190億米ドルに増加する見込みと言われています。日本でも市場の伸びは見られ、2021年の日本国内のコネクテッドTV広告市場は前年比1.7倍の約175億円に上るという調査も出ています。マーケターはこのトレンドを把握し、既存のテレビ広告と平行してCTVでもユーザーに効果的にリーチする戦略を考える必要があります。

CTVガイド

CTVを視聴するためのデバイス

最もわかりやすいCTVデバイスは、オペレーティングシステムが事前にデバイスに搭載されており、インターネットに直接接続できるスマートTVです。世界的に広く普及しているのはSamsungのデバイスで、自社のオペレーティングシステム(Tizen)と付随する広告プラットフォームを有しています。

CTVガイド

上記グラフ引用元:
https://www.statista.com/statistics/1171132/global-connected-tv-devices-streaming-market-share-by-platform/

本ガイドでは、複雑なCTVエコシステムをデバイス、プラットフォーム、アプリの3つに分けて解説し、CTV広告を購入する方法(プログラマティックバイイング、プラットフォームとの連携、パブリッシャーの利用)や、広告フォーマット例、キャンペーンを成功させるためのアプローチ法について紹介しています。キャンペーン指標を計測し、CTVでのパフォーマンスを計測する主な方法についても「直接DSPを介して実施」「サードパーティのアドサーバー」「計測プロバイダー」の3つに分けて解説している他、アドフラウドやEU一般データ保護規則(GDPR)など、マーケターが気を付けるべきポイントも説明しています。

ガイドの内容:
・モバイル広告主がCTVをマーケティングに活用する方法
・複雑なCTVエコシステムの重要用語と、代表的なデバイスおよびストリーミングプラットフォームについて
・CTV広告のバイイング、ターゲティングおよび計測について
・キャンペーンを設定する方法と例

Adjust 日本ゼネラルマネージャー 佐々 直紀
テレビ市場は過去10年間で大幅に進化し、人々の視聴習慣が大きく変化しました。このように変化の大きな市場で、AdjustはマーケターがCTV広告をどのように活用すれば効果的にターゲットへリーチするかについて調査を進めてまいりました。新しい市場でマーケティングを行うにあたり、広告主が正確にデータを計測、分析することは重要です。またディスプレイ広告に比べてCTV広告のフラウドには依然として不明な点も多いと言われており、不正への対策も肝要です。今後もAdjustは、マーケターがより効果的にCTVを活用できるよう、ソリューションと情報を提供して参ります。

さらに詳細な内容は、こちらからガイドをダウンロードしてご覧ください。
https://www.adjust.com/ja/resources/ebooks/connected-tv-guide-dcmn/


  • このエントリーをはてなブックマークに追加