ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2022.4.8

「動画の冒頭から6秒以内に、商品要素を入れない」などTikTokのECノウハウを公式として初公開

TikTok EC

 

TikTokは、、2021年10月1日〜2022年1月14日の日本でのTikTokにおけるEC業界の運用型広告を分析し、動画広告の活用において、より効果を高めるポイントをまとめた「TikTok運用型広告クリエイティブTips 〜EC業界〜」を初公開しました。

 

効果的な動画広告の特徴
1. 視聴率が高いクリエイティブの特徴
動画が継続的に視聴された広告を「視聴率が高い広告」と定義。そのパフォーマンスに効果的だったクリエイティブには、「動画内容の形式、音声」「登場人物」「内容表現」「動画の尺」など、さまざまな要素において発見がありました。

(1) 動画内容の形式、音声に関する発見
動画内容の形式に関する発見の一つは、「画像だけより動画を入れる」ことです。
動画を含む形式のものは、画像だけのものに比べて、2秒視聴率が293.5%、6秒視聴率が379.8%高くなっています。

(2) 動画の登場人物に関する発見
動画の登場人物に関する発見の一つは、「動画の冒頭から人物を登場させる」ことです。
冒頭から人物が登場する動画は、登場しない動画に比べて、2秒視聴率が160.2%以上、6秒視聴率が171.0%以上高くなっています。

(3) 動画での商品紹介に関する発見
動画での商品紹介に関する発見の一つは、「動画の冒頭から6秒以内に、商品要素を入れない」ことです。
商品要素の登場が動画開始から6秒以降の動画は、冒頭から6秒までの間に商品要素が登場する動画に比べて、2秒視聴率が135.1%、6秒視聴率が169.8%高くなっています。
tiktok

(4) 動画での表現方法に関する発見
動画での表現方法に関する発見の一つは、「広告ターゲットに呼びかける」ことです。
「◯◯なあなた」「◯◯になりたい人」のように、広告ターゲットに向けた呼びかけがある動画は、呼びかけがない動画に比べて、2秒視聴率が108.2%、6秒視聴率が165.3%高くなっています。

(5) 動画の尺に関する発見
動画の尺に関しては、「45秒以上の尺」がおすすめです。
45秒以上の動画は、45秒未満の動画に比べて、2秒視聴率が122.9%、6秒視聴率が108.7%高くなっています。

2. CTRが高いクリエイティブの特徴
CTRが高い広告において、CTRにプラスの影響を与えるクリエイティブには、「登場する商品」「内容表現」において、いくつかの発見がありました。

(1) 動画での商品紹介に関する発見
動画での商品紹介で効果的な手法の一つは、「商品要素は、動画開始6秒から15秒の間に表示させる」ことです。
動画開始6秒から15秒の間に商品要素を表示させる動画は、6秒未満の動画、15秒以上の動画のどちらの動画と比べても、CTRが113.0%高くなっています。

(2) 動画での表現方法に関する発見
動画での表現方法で効果的な手法の一つは、「限定要素を入れる」ことです。
「今なら◯◯円」「今だけ◯%OFF」のような限定要素がある動画は、限定要素がない動画に比べて、CTRが220%高くなっています。

このように、TikTok広告の効果をより高めるクリエイティブには、いくつかの特徴があることが分かりました。
上記以外のTipsや詳細な分析結果については、「TikTok運用型広告クリエイティブTips 〜EC業界〜」にまとめています。
ご希望の方はTikTok for Business公式メディア「TikTok for Business」(https://tiktok-for-business.co.jp)の「お問い合わせ」から広報担当までご連絡いただければ幸いです。

<調査概要>
調査時期:2021年10月1日〜2022年1月14日
調査対象:日本でのTikTokにおけるEC業界の運用型広告( Industry: Chemicals & Energy, Clothing & Accessories, Fast-Moving Consumer Goods, Healthcare & Pharmaceutical)

<TikTok for Businessについて> 
TikTok for Businessは、マーケティングソリューションを実現するプラットフォームです。新しい興味や関心ゴトを探しているオーディエンスと、企業/ブランドを自然に結びつけることで、広告という従来的な枠組みを超えたコミュニケーションを実現。認知拡大から顧客獲得まで、様々なファネルにおけるビジネス課題を解決に導きます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加