ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2022.4.26

AppsFlyer、日本のカントリーマネージャーに杉原眼太氏が就任

sugihara

AppsFlyer Japanは、カントリーマネージャーに杉原眼太(すぎはらげんた)が就任したことを発表いたします。

 杉原はこれまで約30年間、情報通信・インターネットやデジタル広告などの業界で、各時代の変革の中心分野の企業や事業に携わってきました。直近では、カカクコム社にて経営戦略本部で執行役員本部長を務め、それ以前はGoogle社にて日本および韓国のパートナー事業開発の本部長、ナップスタージャパン社にてビジネス開発部の部長などを歴任。企業の規模や国籍を問わず、多様な環境で実績を積み重ねてきました。

AppsFlyerでは、モバイル広告効果計測プラットフォーム「AppsFlyer」をはじめとする各種のプロダクトの国内の市場開拓戦略とチャネル戦略を主導し、日本事業の成長を推進します。AppsFlyerの日本に対する投資をより強化し、マーケティングアトリビューションと分析におけるAppsFlyerの優位性をさらに高めていきます。

 就任に際し、杉原は次のように述べています。「ポストコロナによる生活スタイルの変化、クッキーレスなどデータ活用の整備などデジタル広告を取り巻く環境が大きな転換点を迎える中、AppsFlyerは日本だけでなく世界的にも大きく成長しています。こうしたタイミングにAppsFlyerに加わることができ、日本におけるAppsFlyerの事業拡大に取り組むことができることを大変光栄に思います。国内外のAppsFlyerのチームメンバーやパートナーと協力して、AppsFlyerのお客様が優れた顧客体験の提供とプライバシー保護の向上を両立させ、有意義な顧客関係を維持・構築できるよう支援していきます。」

 また、AppsFlyerでAPAC プレジデント兼マネージングディレクターを務めるローネン・メンス(Ronen Mense)は、次のように述べています。「日本のアプリのエコシステムは世界最大級で、他国とは異なりアプリ事業者にとっては高い支出が要求される市場です。杉原はこれまで、優良なハイテク企業が北アジアで事業を拡大するのを支援して大きな成功を収めてきており、こうした実績が数ヶ月にも及ぶAppsFlyerの厳しい採用選考の決め手となりました。デジタル広告業界が大きなプライバシーの転換点を迎えている今、彼こそがAppsFlyerのポテンシャルを引き出すのにふさわしいリーダーであると考えています。彼の経験と、成功に不可欠な組織体制や事業開発戦略などに関する知識を、AppsFlyerに提供してくれることを嬉しく思っています。」


  • このエントリーをはてなブックマークに追加