ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2022.5.18

Integral Ad Science、「コントロールパネル」の提供開始で コンテクスト・ターゲティングのROIを強化

IAS

Integral Ad Scienceは、当社のコンテクスト・コントロールをご利用中のお客様に新たな価値をもたらす、レポート作成とプランニングのためのツールを複数備えた「コントロールパネル」の提供開始を発表しました。お客様は IASのコンテクスト・ターゲティングが提供する価値と投資収益率(ROI)をより明確に把握できるようになります。

IAS の最高製品責任者であるトム・シャーマは、「新たなコントロールパネルを利用することで、広告主はターゲティングを用いた広告キャンペーンの戦略的なプランニング、アクティベーション、評価に基づく最適化を全てIAS Signal(管理画面)内で行えるようになります。これは、お客様の組織やクライアントがキャンペーンのKPIを達成しながら、自信を持って当社のコンテクスト・ターゲティングを活用できるようにするために、継続的に行っている取り組みの一環です」と述べています。

コントロールパネルは、以下のツールを提供します。

  • コンテクスト・コントロール「セグメント・ カタログ」

400以上あるコンテクスト・コントロールの既存セグメント(ブロックおよびターゲティング)を一か所で簡単に見つけることができます。

  • コンテクスト・ターゲティング「セグメント・ リーチ・カリキュレーター」
    コンテクスト・ターゲティングの各セグメントを適用した時の見込みリーチを計算し、予測に基づくキャンペーンの適切な計画を可能にします。
  • コンテクスト・ターゲティング 「レポーティング」
    ターゲティング・セグメントの成果について、特にビューアビリティ、リーチ、プログラマティック配信結果に焦点を当てた洞察を提供します。
  • コンテクスト・ターゲティング「プロファイル」
    希望する全ターゲティング・セグメントを1つのプロファイルにまとめることができます。広告主は1つのセグメントIDで、簡単にDSP配信に適用できるようになります。

IASでは先日、世界中の広告主とパブリッシャー向けにコンテクスト・コントロールのソリューションを拡大し、デジタル広告が表示されるページコンテンツの文脈をより詳細に制御できるようにしました。広告主は、入札前にIASの400以上のコンテクスト・セグメントを活用し、望ましくないコンテンツをブロックしたり、キャンペーンに適したコンテンツにターゲットを絞ることができます。主要なDSP、Adelphic、Adform、Amobee、MediaMath、Xandr、Yahoo USなどがIASのコンテクスト・コントロールを統合し、広告主は購入する場所を問わず、当社のツールを容易に利用できるようになりました。

最近の事例では、OMDトルコが、自動車業界の繁忙期である第4四半期に、第三者のオーディエンス・ターゲティングを使用せずに、クライアントであるルノーの認知度を高め、成約率を上げることに挑戦しました。その結果、IASのコンテクスト・コントロール・ターゲティングは、クリック率53%増、コンバージョン率8.4%増、クリック単価3%改善など、ルノーのKPIを大幅に改善し、競合を凌駕する成果を残しています。

Integral Ad Scienceについて
Integral Ad Science(IAS)は、デジタルメディア品質の向上において世界をリードする企業です。IASは、広告が本物の人間によって、安全かつ適切な環境で閲覧されることを保証し、コンテキストに基づくターゲティングの活性化やサプライパス最適化を推進することで、すべてのインプレッションを価値あるものにします。私たちの使命は、世界をリードするブランド、パブリッシャー、プラットフォームが利用する、デジタルメディア品質の信頼性と透明性の世界的な基準となることです。IASは、実用的なリアルタイムの情報と知見を備えたデータに基づくテクノロジーの提供で、これを実現します。2009年に設立し、ニューヨークに本社を置くIASは、世界中で何千社ものトップクラスの広告主やパブリッシャーを支えています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加