ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2022.7.5

電通グループ、メタバース技術のambr社に追加出資

電通グループは、グループR&D組織「電通イノベーションイニシアティブ」(以下「DII」)を通じて、「株式会社ambr」に追加出資しました。ambr社は、メタバースクリエイティブスタジオ事業を展開すると共に、メタバース構築技術基盤プロダクト「xambr(クロスアンバー)」を開発・提供しています。

電通グループは、2021年にambr社に出資しており、スタートアップとの得意分野を掛け合わせた共創モデルにより、「TOKYO GAME SHOW VR 2021」をはじめ、共にさまざまな新しい価値づくり、プロダクトづくりに挑戦してきました。アフターコロナの社会を見据えたデジタル活用の進展に伴い、メタバース・XRの活用ニーズが高まり続けていることから、今般、追加出資に至りました。

今回の追加出資を機に、エンドユーザーやコンテンツを重視した体験設計力やユースケース創造力を兼ね備え、世界トップクオリティのメタバース企画・開発を実現するambr社との協業体制を一層強化し、メタバース・XR領域における事業を更に進展させていきます。今後は、「xambr」を用いて、より幅広い顧客企業・パートナー企業とのプロダクト開発など、より多くのエンドユーザーが繰り返し訪れたくなるようなプラットフォームの構築に向けて連携を深めます。また、ambr社のテクノロジー開発・UXデザインのケイパビリティーと電通グループならではの事業開発力、クリエイティビティー、ネットワークの掛け合わせにより、世界中の人々の体験価値をテクノロジーで進化させる新しいコミュニケーションやインタラクションをグローバルに創出します。そして、メタバース・XR領域における3D広告、コマース、データマネジメントなどグループとしてのR&D活動を加速していきます。

その中核を担うのは、電通グループ全体のR&Dを推進するDIIのXRチームです。引き続きDIIは、電通ジャパンネットワーク※1 5社と共同で組成した共創型組織「XRX STUDIO(エックスアールエックス スタジオ)」※2と連携し、顧客企業・パートナー企業との共創とそれぞれの事業成長を実現していきます。

ambr


  • このエントリーをはてなブックマークに追加