ツイート


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑PAGE TOP

  • 2022.7.19

AnyMind Group、約50億円の資金調達を実施

anymind

AnyMind Groupは、総額約50億円の資金調達を実施したことを発表しました。

今回の調達では、既存投資家の三菱UFJキャピタル株式会社に加え、JIC ベンチャー・グロース・インベストメンツ株式会社、JPインベストメント株式会社、野村スパークス・インベストメント株式会社が資産の運用を受託している日本グロースキャピタル投資法人、株式会社プロトベンチャーズなどの新規投資家を主な引受先とした、約40億円の第三者割当増資を実施。また、株式会社みずほ銀行より10億円の当座貸越枠を確保したことにより、総額約50億円を調達いたしました。

当社はこれまで約69億円の資金調達を実施しており、このたびの調達により累計調達額は約119億円となります。

■直近の事業状況
当社は2016年にシンガポールにて創業。主として東南アジア諸国にて、インターネット広告を中心とするマーケティング事業を開始。その後、メディアやクリエイター支援、生産管理、EC サイト構築運用、物流管理、チャットコマース/CRM領域へとビジネス範囲を拡大。現在、13ヵ国・地域に17拠点を展開し、2021年12月期の売上は190億円を超えております。


■調達の目的と今後の展開

①既存事業への成長投資
当社は2022年3月、顧客体験価値(CX)最大化を実現するチャットコマースプラットフォーム「AnyChat」、また4月には複数ECチャネルの一元管理でEC運営を最適化するECマネジメントプラットフォーム「AnyX」を提供開始するなど、各プラットフォームの開発強化及び、提供価値拡大に努めております。今回調達した資金を活用し、今後も既存事業のさらなる強化と、ASEAN・インドなど、アジアの成長市場を中心としたシェア拡大に取り組んでまいります。

②将来的なM&Aへの活用
これまで当社は日本・インド・タイ・香港等において、7社の企業買収を行ってまいりました。 買収の目的として、 ①マネジメントメンバーの獲得、 ②新規事業・新規地域への進出、 ③販売チャネルの獲得、 などが主たるものであり、 いずれも買収後に当社に大きく貢献する成果 となっています。本調達資金を活用することで、今後も当社事業と相乗効果が見込まれる企業買収においては、 国内・海外問わず積極的に取り組みたいと考えております。

<投資家(順不同)>
JIC ベンチャー・グロース・ファンド1号投資事業有限責任組合
JPインベストメント1号投資事業有限責任組合
日本グロースキャピタル投資法人
プロトベンチャーズ2号投資事業有限責任組合
三菱UFJキャピタル7号投資事業有限責任組合
<AnyMind Group 共同創業者兼CEO 十河宏輔のコメント>
これまでコロナ禍の影響や地政学的リスクに関連して、世界的にネガティブな数年が続いていましたが、その中でも当社は堅調な成長を実現しております。また当社が事業を展開しているASEANやインドをはじめとして、アジアにおける経済は急速に成長の勢いを取り戻しており、人口増加のインパクトも含め、今後さらなる拡大が見込まれます。

今後も当社は攻めの姿勢を持ったグローバルへの事業展開加速及び、M&Aによるケイパビリティの拡大、成長に向けた投資と利益体制強化等を図っていくことで、アジアを代表する次世代のコマースインフラを目指してまいります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加